古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中山美穂、“不倫”を恋愛ストーリーに! マスコミ裏ワザ総結集のウルトラQ報道の手口

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/05/27 22:06 Cyzo
© Cyzo 提供

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 朝日新聞がスクープした福島第一原発の「吉田調書」は衝撃的だった。ほんの少しの状況差で首都圏まで避難区域になっていた危険性が高かったということが、より鮮明な事実として突きつけられたのだから。しかも待機命令が出ていたのに、東電職員の9割が我先にと逃げ出していたとは。安倍首相が集団的自衛権演説で、国民の命を守るなんて声高に主張していたが、こんな惨事後も原発再稼動だって。ちゃんちゃらおかしい。

第222回(5/23~27発売号より)

1位「中山美穂 選んだ『母より女』の人生決意『10歳長男親権を捨てても新恋人と!』」(「女性自身」6月10日号)1.5位「スクープ撮 中山美穂に新恋人! 『もう迷わない、私の人生』」(「女性セブン」6月5日号)同「中山美穂 離婚まだなのに新恋人も フランス式離婚のせいで辻仁成から逃げられない」(「週刊女性」6月10日号)2位「宇多田ヒカル 家族に明かした夫婦のこれから…『私、イタリア料理店野マダムになります!』」(「女性自身」6月10日号)3位「ASKA 元アナ妻が警察に“密告”!『彼に戻ってほしかった…』」(「女性自身」6月10日号)

 なんと素敵な恋愛ストーリー! 「セブン」が報じた中山美穂の新恋人スクープ記事は冒頭、著名なフランス人女性たちの愛についての名言から始まる。大人の女性の自立した素敵な恋。お相手は少し年下の著名な音楽家――その後の展開も一貫して“素敵な恋愛物語”が続く。一緒にオーガニック食材を買い、ビストロでワインディナー――。

 離婚騒動の渦中の中山に新恋人が発覚した。お相手は日本を代表する音楽家ともいわれる渋谷慶一郎41歳だという。「セブン」によると2人は数年前に出会い、中山がドラマ『プラトニック』(NHK BSプレミアム)の打ち合わせや撮影のために日本に滞在するようになった今春に再会し、交際が始まったようだ。記事だけでなくグラビアでは仲良く手をつないで寄り添う2人、中山の頬にキスし、腰に手を当てる渋谷、笑顔の中山、そして映画のワンシーンのように手をつないで歩く2人の姿がバッチリと納められている。さすがは中山、フランス仕込みで、その様子は本当に素敵です!

 ハァーーッ(ためいき)。 これは一体どういうことか。仕込み、ヤラセ、撮りなおし、情報コントロール。いろんな業界ウラワザを総集結したような、まさに恐れ入る記事である。中山は離婚協議中とはいえ、まだ辻仁成と婚姻関係は継続中なはず。いくらなんでもこれはないだろう。夫に愛想をつかしたとはいえ、厳密によく考えれば “浮気”。しかも子どもをフランスに置いて、男のマンションにお泊まり――。

 だがしかし、芸能界の事務所の力は絶大だ。いつも引き合いに出してしまうが、矢口真里のケースと事情が違うとはいえ、扱いが天地の差! というか、既成事実を作って、早いとこ離婚を成立させたいという中山サイドの高度な情報戦術の香りすらプンプンする。本当に付き合っているのか!? もしそうだとしたら、本当はいつから? 数々の疑惑が浮上する素敵な“浮気”記事。

 その答えを巧妙に出してくれたのが、このスクープを後追いする「自身」である。「自身」によれば、夫の辻も2人の関係を知っていたというが、注目すべきは以下の記述だ。「2人の親交が始まったのは、渋谷氏が昨年11月、オペラ上演のためにパリを訪れたとき」であり、それからわずか1カ月後の長男の誕生日に、辻に婚姻関係の継続について切り出した、と。中山の心の中はどうかは知らないが、表面上は仲良く暮らしていた時期に、既に渋谷と交際がスタートした!? とも匂わせる記事となっているのだ。

 さらに「自身」は仰天内幕まで書いている。辻に「離婚に応じてくれるなら親権を手離す覚悟もある」と伝えたと。よってタイトルには「母より女」の人生を決めたとある。どんだけ新恋人の渋谷に入れ込んでいるんだかと少々呆れてしまうが、しかし、再びこれをひっくり返すのが「週女」記事だ。「週女」は少々B事務所と距離感があるのか、タイトルにも「離婚まだなのに」と真っ当なことを言っているが、さらにフランスでは日本と違い離婚後も親権は両親の共同親権になるのだと法曹関係者のコメントを掲載しているのだ。

 何がなんだかわからないが、“真相”などないのが芸能事務所リーク記事。さまざまな思惑が渦巻く中山美穂周辺、というのは間違いないだろう。それにしても“浮気”を“素敵なラブストーリー”に仕上げるというウルトラQと、その背後の芸能事務所の力をまざまざと見せつけてくれた中山美穂新恋人報道だった(キョンキョン、何か言ってやれ!!)。

 これまでも宇多田ヒカルに新恋人が発覚するや否や、遥かロンドンと新恋人の出身地イタリアまで追いかけていった「自身」だが、今回もやりました! イタリアで行われた挙式&披露宴に突撃! おそらく日本から現地入りした日本唯一のマスコミではなかろうか。写真もバッチリ押さえています。

 周辺取材もバッチりで、50人ほどの招待客に日本人は男女2名づつ。加えてバージンロードは父親の照實にエスコートされて歩いたのだとか。ウエディングドレスはロンドンで発注したもので、挙式と披露宴で合計10時間。さすがはラテンなお国柄。だが、宇多田本人はラテンのノリとは違いマスコミ嫌いで、周囲は厳戒態勢、周辺の道は封鎖され、新郎新婦が外に出るとガードマンたちが“和傘”をさして写真を取らせないようにがっちりガード。そんな中での取材とはいえ、なかなかの健闘でよく頑張った。

 だが、どうしても突っ込みたくなることが1つ。2人は挙式後ロンドンに戻り、夫はホテルのバーテンを辞めて独立、イタリアン料理店を開く予定で、もちろん資金は宇多田持ちらしい。ということで、記事タイトルが「私イタリア料理店のマダムになります!」となるのだが、しかし宇多田はそんなことは一言も言ってはいない。そもそも夫がイタリア料理店を開いたからって、あの宇多田が本格的に店に出て手伝うわけはないと思うし、宇多田の感じからして気が向いた時にだけ飲み食いする。そんなもんだろう。まあ、イタリアまで行ったから、妄想飛ばし記事も今回は許そう(笑)。

 ASKAのシャブ逮捕騒動の余波が続いている。警察にASKAのクスリ中毒を通報したのは妻だったとか、入り浸っていた愛人のプロフィール、チャゲの動向などなど、多くの報道がなされている。そんな中「自身」は、ASKA宅周辺を取材中、バッタリ長男と邂逅、そのまま直撃をしている。当然、無言を貫く長男。だが記者はしつこく呼びかけた。「今でもお父さんを愛していますか?」と。26歳の男性に向かってなんともすごい質問だが、長男はそれだけには答えたらしい。「愛しています!」と。涙まで浮かべて――。お父さんのヒット曲を「何度も打つよ~残さず打つよ~」なんて皮肉を込めて歌ったと伝えられる長男だが、ASKAも出所後どうにか更正できるのでは、と思わせてくれた長男の一言と涙であった。 

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon