古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中日・荒木がサヨナラ打 又吉が2勝目

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/08 22:06 毎日新聞

 ○中日2−1阪神●(8日・ナゴヤドーム)

 中日が今季2度目のサヨナラ勝ち。1点を追う八回、ルナの右越えソロで追いつき、九回に荒木が決勝の左前適時打を放った。先発の雄太は7回1失点の好投。2番手で投げた又吉が2勝目を挙げた。阪神は救援陣が踏ん張れなかった。

 ◇中日・谷繁監督の話

 (サヨナラ勝ちもコーチ陣との握手を忘れてベンチを飛び出し)5歩走り出てしまった。荒木がよく1球で仕留めてくれた。

 ◇阪神・和田監督の話

 (打線が4安打と沈黙)クリーンアップの前の打者が得点圏に出る状況を、もっと作らないといけない。

 ◇荒木 イメージ通り振り抜いた

 打球が三遊間を破り、三塁走者の堂上直がホームを駆け抜けると、力強く右手を突き上げた。チームメートにもみくちゃにされた荒木は「久しぶりの感覚だったので、感情が出てしまった」。九回2死満塁から放ったサヨナラ打は、周到な準備のたまものだった。

 阪神の4番手・加藤の初球をたたいた。荒木は九回表の守りで「打順を考えれば、九回裏で自分に回ってくるのは2死満塁」と想定。代打出場した2日前、加藤に空振り三振を喫した直球の軌道を思い返したという。絶好機の1球目はイメージに残っていた高めの直球。狙い澄ましてバットを振り抜いた。

 前夜はプロ初先発の浜田が完封勝利し、この日は今季初登板の雄太が7回1失点の粘投。投打がかみ合い、中日は6カードぶりに勝ち越した。荒木は「Aクラスに上がるのは簡単ではない。でも根気強く(接戦を)続けたい」と言う。明るい兆しが見えつつあるチームに、ベテランの表情は穏やかだった。【大谷津統一】

 ◇阪神・岩田7回無失点の力投もむなしく

 阪神の先発・岩田が7回無失点の力投。直球、変化球ともに低めに集めて、中日打線を散発の5安打に封じた。五回2死一、二塁の場面では、ルナを落差のあるフォークで空振り三振に仕留めてピンチを脱した。打線の援護に恵まれず、救援陣も打たれて3勝目こそ逃したが、「テンポよく投げて、どんどん打者と勝負したい」という狙い通りの投球で存在感を高めた。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon