古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中朝貿易、増加は「予想外」 長期トレンド隠す=環球時報

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/07

[北京 7日 ロイター] - 中国共産党機関紙「人民日報」系の環球時報は7日、中国と北朝鮮の貿易が第1・四半期に増加したのは「予想外」であり、長期の減少トレンドを覆い隠しているとの社説を掲載した。

トランプ米大統領が中朝貿易の増加を非難したことを受けた反応とみられる。

大統領は5日にツイッターで「中国と北朝鮮の貿易は第1・四半期中に約40%増加した」と述べ、中国が北朝鮮問題を巡り米国と共に取り組んでいるのか疑問を呈した。

これに対し環球時報は「第1・四半期のデータで1年全体を語ることはできない。2017年の貿易量が昨年から大きく増える可能性は低い」と反論。

中朝貿易、増加は「予想外」 長期トレンド隠す=環球時報 © REUTERS 中朝貿易、増加は「予想外」 長期トレンド隠す=環球時報

4月に中国政府が発表した統計では第1・四半期の中朝貿易が前年同期比で37.4%増加したものの、その後のデータは貿易が4月と5月に減少したことを示していると指摘した。

また、第1・四半期の増加は「やや予想外」であり、中国政府は国連の対北朝鮮制裁を厳格に履行しており、北朝鮮からの石炭輸入の停止が二国間貿易に大打撃を与えていると強調した。

中朝貿易は過去3年間に減少しているという。

同紙はさらに、制裁が民生目的を中心とする北朝鮮との正常な貿易活動に影響を与えるべきでないとの中国政府の立場を改めて表明。米中両国に対して、対北朝鮮制裁に関するコミュニケーションを増やし、「溝を埋める」よう訴えた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon