古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

丸本莉子にとっての“幸せ”の意味 「アルバムで気持ちが前向きになってもらえたら」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/21 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 丸本莉子が、12月21日に3rdミニアルバム『誰にもわからない~何が幸せ?~』をリリースする。アルバムには、先行配信シングルであり表題曲の「『誰にもわからない」に始まり、5th配信シングル「ガーベラの空」を収録。ほかにも、かねてよりファンから収録を心待ちにされていた中島みゆきのカバー曲「糸」、今年大活躍を果たした広島東洋カープの中﨑翔太選手の登場曲に起用されている「ご機嫌ベイベー★」が収められている。インタビューでは、アルバムレコーディングの裏側や楽曲に対する思い、丸本の曲制作や発声法に迫っている。最後には、アルバムのサブタイトルである「何が幸せ?」という問いかけを彼女にしてみた。 ・「新しいことに挑戦した1枚」 ーー『誰にもわからない〜何が幸せ?〜』はミニアルバムとして3枚目になりますが、丸本さんにとってどのような作品になりましたか。 丸本: 今作は新しいことに挑戦した1枚になりました。これまでは答えのある曲、メッセージ性のある曲が多かったのですが、アルバム先行シングルの「誰にもわからない」ではタイトルの通りに答えが出ないまま思いを吐き出すという、新しい書き方に挑戦することができました。また、「ガーベラの空」から藤林聖子さんと作詞を手がけたり、「糸」では初の一発レコーディングに挑みました。 ーー丸本さんは配信シングルを何枚か出してミニアルバムをリリースする、といったペースで活動されていますが、シングル曲とアルバム曲で制作スタンスに違いはありますか。 丸本:そういった意識はしていないですね。私としては今回アルバム曲として収録した「トロイメライ〜人魚の夢〜」「ぷれぜんと」もシングルとしてリリースできるような曲だと思っていますし。でも、シングルになる曲は、よりメロディーがキャッチーで心に残るものなのかもしれません。歌詞も多くの人が共感できるよう改めてアレンジしていきます。 ーー丸本さんは詞先、曲先どちらですか。 丸本:高校生の時は歌詞から書いてメロディーを作っていたのですが、インディーズの頃に「ココロ予報」のアレンジを手がけてくださったBU-NIさんに「曲を先に作った方が効率がいいよ」とアドバイスをもらったんです。メロディーは歌えば歌うほど生まれますけど、歌詞は新しい経験を経ていかないと出てこない。だから、まずはメロディーをたくさん作って、その時の感情や経験によって生まれた言葉を歌詞にしていく制作になりました。 ーー以前のインタビューで地元広島にある原爆ドームの目の前の元安橋で練習をしていたとお聞きしました。その頃から歌っていたのはアルバムにも収録している中島みゆきさんの「糸」ですよね。ストリートライブなどでも定番の楽曲になっていますが、今回収録にあたって「誰にもわからない」に続き、編曲に松岡モトキさんを迎えています。一発録りレコーディングの様子について教えてください。 丸本:初めてのレコーディングの仕方に緊張しましたが、ウッドベースとガットギター、アコースティックギター、パーカッションによるアコースティックアレンジで、今まで歌ってきた「糸」とは違う気持ちで歌うことができました。感動というよりは温かみのある仕上がりになっています。 ーースタジオレコーディングの空気感も伝わってくるようなアレンジに感じました。 丸本:違う雰囲気に新しい気持ちで歌えましたね。ストリートライブの時は自分なりにアレンジして歌っていたんですが、レコーディングする時は改めて原曲を意識して歌いまわしを気をつけました。 ーー丸本さんにとって「糸」はどのような楽曲ですか。 丸本:物心ついた頃に、よく母親とカラオケで松田聖子さんやレベッカさんを歌っていたのですが、同じ時期に中島みゆきさんの「糸」が主題歌のドラマ『聖者の行進』(TBS系)をリアルタイムで観て歌っていたんです。そんな小さい頃から大切に歌ってきた曲なので、思い入れも強い曲です。普段出会わない人と出会うことのできるストリートライブの素晴らしさが、この曲の歌詞とリンクしているような気がしていて、歌うことでファンの方と近くなれる大切な曲で、今回カバーできて嬉しかったです。 ーー結婚式で歌われるような「恋愛」の側面で語られることの多い楽曲ですが、「巡り合わせ」という意味での「仕合わせ」の歌詞は、丸本さんが行っているプロジェクト『ライヴワーク2016~1万人との癒し旅~』にも重なる部分があります。 丸本:シンプルながらすごく印象的な歌詞ですよね。私の歌を立ち止まって聴いて、「明日も頑張ろう」と思ってもらえる、心にプラスになるものが生まれれば良いなと思って歌っているので、そういったライブへの想いが「糸」の「仕合わせ」という歌詞と結びつくんですよね。 ーーアルバムのサブタイトルには「〜何が幸せ?〜」と題されていますが、1曲目には失うことで気づく希望や当たり前の幸せを歌った「誰にもわからない」、2曲目にありふれた日常の中でのふとした幸せをテーマにした「ガーベラの空」を収録しています。この2曲をアルバムの先頭に持ってきていることで「幸せ」というテーマが後に収録されている曲にも活きている気がしました。 丸本:「誰にもわからない」の次に「ガーベラの空」が流れてくることで、雰囲気がガラッと変わって響くんじゃないかなと思いました。 ーーなるほど。アルバムの制作にはいつ頃から入ったのでしょうか。 丸本:6月頃から「ライヴワーク」と並行して制作期間に入りました。それから「ガーベラの空」「誰にもわからない」のレコーディングがあり、同時期に「トロイメライ〜人魚の夢〜」「ぷれぜんと」を録っていきました。「トロイメライ〜人魚の夢〜」は昨年の終わり頃に作った曲です。大切な人に会えない夜は寂しく、不安になるじゃないですか。そんな恥ずかしくて普段は伝えられない思いを、人魚に例えたら可愛くなるんじゃないかと思ったんです。<あなたに触れない夜は>という相手への思いが乗った歌詞は、明るく抜けた感じで歌うことを意識しました。 ーー楽曲に応じてトーンの細かな微調整をされているのですね。 丸本:発声の仕方はボイストレーニングの先生にアドバイスをいただいています。「誰にもわからない」では悲しそうに歌うと私の場合は声のトーンが明るくなってしまうようで、「悲しみではなく怒りをこめて歌う」というアドバイスをいただきました。五輪真弓さんの「少女」の歌い方を参考に、内に秘めた怒りを意識して歌いました。「トロイメライ〜人魚の夢〜」は優しく明るく歌っています。ライブではお客さんの反応を見て歌い方を変えることもありますね。 ーー曲がライブで育つというのもありますからね。この曲は幼少期から好きだった童話の『人魚姫』に人間の恋愛の要素を混ぜ合わせたということですが、作詞はいつ頃手がけたのですか。 丸本:完成したのは今年の9月です。ディレクターさんに「タイトルに人魚を入れよう」とご提案いただいて、Twitterでファンの方からタイトルを募集したんです。トロイメライという言葉には「夢見心地」という意味がありますが、ロベルト・シューマンの「トロイメライ」からも取っていて、シューマンの「トロイメライ」にインスパイアされたフレーズも楽曲の最後に入っているんですよ。 ーー「ぷれぜんと」は昨年のワンマンライブで初披露した曲。最後の<こんな気持ちを あなたがくれた 素敵なプレゼントをもらったよ>の一節は、プレゼントを贈ったことで“気持ち”という素敵なプレゼントを貰ったという歌詞が印象的です。 丸本:プレゼントする時ってすごく悩むじゃないですか。それでも、相手の喜んでくれる顔を見たらその苦労も吹き飛んだりして。そんな気持ちを歌にしたいなと思っていたんですね。2番Aメロの<あなたはどんなことを思っているのかな>という歌詞は、相手を思いやる気持ち、奥ゆかしさを意識して書いた部分です。クリスマスのような、季節を感じさせる曲としても初挑戦でした。 ーー毎年12月に開催しているワンマンライブ『丸本ん家(ち)へようこそ〜ぷれぜんとふぉーゆー』の存在も大きいですよね。当日に向けてライブを準備して、ライブではお客さんの笑顔が見られるという、そんなところがこの曲に通ずる気がします。12月3日に行った広島でのワンマンライブはどのようなライブになりましたか。 丸本:広島で開催するのが今年で4回目だったのですが、私の家なんじゃないのかというくらいアットホームなイベントになりました。ライブ以外にはファンのみなさんが参加できるクイズコーナーを設けました。その中で、ユニコーンの手島いさむさん、元キマグレンのISEKIさんが動画コメントをくださったりして。ほかにも「誰にもわからない」を作った経緯を話したり、よりファンの方との距離が近くなった状態で歌ったので、みなさんが今まで以上に曲を受け止めてくださっているのを感じて。バンドのメンバーとも一緒にやって3年目になるのですが、「ご機嫌ベイベー★」の時にバンドのギターの方が私より前に出てきてギターソロを弾いていたんですね。普段はシャイな方なのにアンプの前に出てきて、会場のみんなも楽しんでくれていたんですよ。今までにないくらい会場が盛り上がっていて、「ライブはここまで盛り上がらせないといけないんだな」と教えられたライブでした。 ーー年末には東京でワンマンライブがあります。 丸本:東京は『ライヴワーク』を通じて新しいファンの方が増えてきているので、ワンマンもしっかりと観てもらえるように頑張りたいと思います。 ・「来年は自分と向き合って活動していきたい」 ーー楽しみにしています。丸本さんは今でも地元の広島でライブを開催することが多いですが、「たどりつく場所」は郷土色の強い曲になりました。 丸本:この曲はインディーズの頃に瀬戸内ブランドの公式キャンペーンソングとして作った曲で、<瀬戸の香り>という歌詞が入っていたりするんです。今は「ミサワホーム中国 ZEH」のCMソングとして起用していただいています。 ーー編曲はライブでキーボードを担当している平野晋介さんです。 丸本:曲は平野さんと共同で作りました。実は、広島に住んでいる頃は瀬戸内海があまり好きじゃなかったんですね。海の向こうに街が見えるのが海らしくないなと思っていて。でも、離れてみて美しい瀬戸内海の良さに気づくことができました。 ーーキャンペーンソングを書く時に意識する部分はありますか。 丸本:単純なご当地ソングにはなりたくないので、直接すぎる言葉は使わないようにしています。例えば、歌詞に名産品の名前がいくつも入っていたら曲の印象が固まりすぎてしまう。そうじゃなくて、ひとつの曲としても聴いてもらいたいんですよね。だからこの曲では一瞬何かなと思うような「多島美」という言葉を入れて楽曲の雰囲気を表現しています。 ーー内海の美しさを表現した「多島美」という言葉はこの曲にぴったりですよね。アルバムを通して聴くと「ご機嫌ベイベー★」の歌詞の書き方が、今の丸本さんの作品とは違う印象を受けました。 丸本:もともとはインディーズ時代に作った曲で、何度も書き直しましたがようやく上手くストーリーになったと思います。ほかの曲と比べて使っている言葉は明るいですが、今と書き方は変わっていないですね。歌うと自分自身も元気になる曲で、沢山の方がこの曲を聴いて前向きになってもらえたらなと思っています。2年前に広島東洋カープの中﨑翔太選手が広島でのワンマンライブを観に来てくださった時に、この曲が一番好きと言ってくれて、今も登場曲に使っていただいているみたいで。2016年はカープがすごく活躍した年なので、そこに私の音楽が関われていたというのが嬉しいです。 ーー丸本さんにとって2016年はどのような年でしたか。 丸本:いろいろな挑戦ができた1年でした。来年も周りの方に感謝をしながら、自分と向き合って活動していきたいなと思います。 ーー最後の質問です。今作のサブタイトルに「何が幸せ?」とありますが、丸本さんにとって幸せとはなんですか。 丸本:美味しいものを食べた時も幸せだし、生きている上で音楽ができているのも幸せです。幸せはいっぱいあるけど、それに気がつかない時も、時には見失う時もあるじゃないですか。その幸せにアルバムを通して少しでも気づいて、気持ちが前向きになってもらえたら嬉しいです。 ーー以前、2ndミニアルバム『フシギな夢の中』でのインタビューの際に、“フシギな夢”とは「疑いたくなるくらい幸せな瞬間」と答えていて、“幸せ”ということで一貫しているのかなと感じました。 丸本:意識はしていないのですが、今年はそうだったのかもしれないですね。周りの人が結婚して幸せそうだなと、人それぞれでいろんな幸せの形があって。その人が羨ましいとかじゃなく、自分の現状を見つめ直していけたらなと思いますね。……結婚したい(笑)。 ーー来年は結婚ソングが聴けるのを期待しています(笑)。 (取材・文=渡辺彰浩)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon