古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

主要産油国、協調減産の1年延長巡り協議へ=ロシア・エネ相

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/24

[ウィーン 24日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は24日、石油輸出国機構(OPEC)内外の主要産油国が協調減産を2018年6月までさらに1年間延長する可能性について協議すると明らかにした。

一部産油国の閣僚で構成する合同監視委員会の会合後に述べた。

同相は「勧告は現在の割り当て維持」とし、「期間は9カ月だ。明日、さらに(2018年6月まで)3カ月間延長する可能性について協議する」と述べた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon