古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

乃木坂46 中元日芽香、意外な男性の好みが明らかに? 「クズっぷりがたまらない」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/10/25 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 10月25日に放送された『NOGIBINGO!7』(日本テレビ)では、乃木坂46のメンバーによる「夢のカップリング対決」の模様が放送された。 (参考:乃木坂46 橋本奈々未がグループを牽引し愛された理由 彼女の“危うい魅力”に迫る)  今回番組では、カップリングメンバーである寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、秋元真夏、白石麻衣、齋藤飛鳥、西野七瀬が、男装して登場する4人のメンバーの中から1人を選び、告白するという企画を実施。今回、男装して登場したのは、斎藤ちはる(ちー様)、生田絵梨花(いくお)、高山一実(かずや)、川村真洋(ろてぃ吉)の4人。中元は、第一印象で生田を指名し、「私、クズ大好きなんです」と明かした。また、白石は「かずやが気になるけど、ちょっといくおに転がされたい」とコメントし、スタジオに笑いを起こした。  最初のコーナー「イケてる男チェック」では、カップリングメンバーが4人に様々なリクエストをし、どのように対応するか見極めることに。齋藤は「別れたいって言ったらどうしてくれますか」とリクエストしながら、「人間いつまでも好きではいられないんで」と自身の恋愛観を吐露。すると、司会のイジリー岡田が「この人だって思う人が見つかっても別れがよぎる?」と齋藤に質問。齋藤は「よぎるというか、本当にマイナスな気持ちって続くんですよ人間は。プラスの感情っていつか終わりが来ちゃうんです。だからそれを頭に置いて生きてた方ががっかりしないんですよ」と説明し、イジリー岡田は「新婚の俺に言うことじゃない」とショックを受け、笑いを起こした。  また、同コーナーで中元は「私は常に愛されたい人なので、私の好きなところを5個言ってほしい」とリクエスト。生田が「めんどくせーな。1、笑うとえくぼができるとこ。2、お世話好きなとこ。3、すぐテレるとこ。4、可愛いとこ。あーめんどくせえ、全部好きだよ」と発言すると、中元は照れた表情を見せた。  「告白タイム」では、白石&高山、齋藤&川村、中田&斎藤の3組のカップルが誕生。中元、寺田が生田への告白に名乗り出ると、スタジオでその様子を見ていた渡辺みり愛も参加し、生田が1番モテる結果に。3人の告白に対し、生田は「ごめんなさい」と返事をすると「俺は(桜井)玲香のことが忘れらんねえ」と前回の同企画でカップル成立した桜井を裏切れないと話した。また、「1番じゃなくてもいい」と話していた中元には「お前はじゃあ3番」と発言。イジリー岡田からの「クズにふられてどうですか」という質問に中元は「クズっぷりがたまらない」と発言し、スタジオに笑いが起こった。  番組終盤、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、中元日芽香、川村真洋、山﨑怜奈、高山一実、斎藤ちはるの5人がパジャマ姿になって番組を振り返るトークが行なわれた。huluと日テレオンデマンドでは、同コーナーの未公開分が配信されている。  次週は、11月1日に放送を予定している。 (向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon