古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

乗る前に「タクシー代決める」アプリ 国交省が実証実験

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/07/28
乗る前に「タクシー代決める」アプリ 国交省が実証実験: 【その他の画像】 © ITmedia NEWS 提供 【その他の画像】

 国土交通省は7月28日、スマートフォン向けのタクシー配車アプリを活用し、乗車前に運賃が確定するサービスの実証実験を8月に始めると発表した。「渋滞や回り道で運賃が高くなるのでは」「到着するまでメーターを気にしてしまう」――など運賃に関するユーザーの不安を軽減し、タクシーと配車アプリの利用を促す狙い。

 実証実験は8月7日〜10月6日、東京都23区、武蔵野市、三鷹市で実施。日本交通など44社、全4648車両が参加する。

 ユーザーはアプリを使い、あらかじめ乗車・降車地を入力して配車を依頼。地図上の走行距離、予測所要時間、迎車料金などを踏まえ、事前に運賃が確定する。対応する配車アプリは「全国タクシー」「大和自動車交通タクシー配車」「モタク」「kmタクシー」。事前確定運賃が3000円以上(迎車料金含む)の場合に限り利用できる。

 現状のメーター運賃は、事業者にもよるが、走行距離と所要時間を加味して決まっている。事前確定運賃は、メーター運賃と比べると、渋滞時では安く、道路が空いている場合は高くなる可能性がある。実証実験では、事前確定運賃が距離運賃よりも1.3倍以上高くならないように制限するほか、事前確定運賃とメーター運賃との乖離(かいり)が2%以内に収まるようにするという。

 利用状況を踏まえ、事前確定運賃が実際の走行に照らして妥当かを検証し、制度の導入を検討するとしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon