古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

井山裕太六冠、日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」と対局へ 来年3月「ワールド碁チャンピオンシップ」開催

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/29
井山裕太六冠、日本最強の囲碁AI「DeepZenGO」と対局へ 来年3月「ワールド碁チャンピオンシップ」開催: 井山裕太九段が出場(日本棋院の公式サイトより) © ITmedia ニュース 提供 井山裕太九段が出場(日本棋院の公式サイトより)

 日本棋院は11月29日、囲碁の人工知能(AI)が日本、中国、韓国のトップレベルのプロ棋士と総当たり戦で争う「ワールド碁チャンピオンシップ」を2017年3月21〜23日に開催すると発表した。AI側は「第2回電王戦」で趙治勲名誉名人と対局した「DeepZenGO」、日本代表は六冠を保持する井山裕太九段が出場する。中国、韓国の代表は未定。

 ルールは総当り戦で、勝数が同じ場合は優勝決定戦(プレーオフ)を3月24日に行う。ハンディキャップなしの互先(たがいせん)で、持ち時間は3時間。賞金は優勝で3000万円、準優勝で1000万円、3位と4位が500万円。

 “AI代表”の「DeepZenGO」は、米Googleの囲碁用AI「AlphaGo」を上回る性能を目指し、16年3月から開発中のソフト。囲碁ソフト「Zen」開発チームのチーフプログラマー・尾島陽児さんを中心に、東京大学やドワンゴが共同で開発を進めている。ドワンゴが11月に主催した第2回電王戦では、趙治勲名誉名人を相手に1勝2敗の成績を収めている。

 DeepZenGO開発チームの加藤英樹代表は「棋戦まであまり時間がないが、Zenの改良に全力を注ぎ、恥ずかしくない結果を残したい」としている。

 対する日本代表は、棋聖など6タイトルを保持している井山裕太九段が出場。井山九段は「このような素晴らしい大会に日本代表として出場できることを大変光栄に思っている」「記念すべき大会を盛り上げられるように、自分のベストを尽くし、よい闘いができれば」と意気込んでいる。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon