古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

亜大と拓大先勝

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/04/29 20:54 毎日新聞

 東都大学野球は29日、第4週の1回戦2試合を行い、亜大と拓大が先勝した。亜大は1点を追う九回、捕逸と北村祥(3年・星稜)の適時二塁打で2点を挙げ、駒大に逆転勝ち。駒大の先発・今永(3年・北筑)は8回3失点で、開幕以来の連続試合完封は3で止まった。拓大は二回、4長短打に四球も絡んで一挙4得点し、逆転で中大を破った。

 ○…亜大の5番・桝沢(3年・八王子)が、開幕から登板3試合連続完封中だった駒大の左腕・今永から今季初の得点をもぎ取った。二回、速球を左翼席に運ぶ先制ソロ。前週は不調もあって先発から外れ、「左腕なら、右バッターにはチャンス」と駒大戦に懸けていた。今永の伸びのある速球に対して、「差し込まれないよう早めにタイミングを取り、ボールをしっかりたたく」というイメージ通りの一撃。「次につながるバッティングができた」と、手応え十分だった。

(1)亜大1勝

亜 大010100102◆5

駒 大000040000◆4

(亜)山崎、山田義、落合、嘉陽−牛場、宗接、渡(駒)今永、片山−木下▽本塁打 桝沢(亜)

(1)拓大1勝

拓 大040000010◆5

中 大100000100◆2

(拓)尾松、佃−杉原(中)石垣、在原、島袋、山手、鍬原−東、金子▽本塁打 羽山(中)

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon