古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

京急電鉄カラオケルームを体験してきた!車掌マイクも“本物”使うこだわり具合

エキサイト Bit のロゴ エキサイト Bit 2017/07/20 西門香央里
© Excite Bit 提供

子供の頃、電車の運転席って憧れでした。一番前の車両に乗って、運転士さんの動きを見るのが楽しみでした。そんな人、結構いるんじゃないでしょうか?

その電車の運転士や車掌になった気分になれるカラオケルーム「京急電鉄カラオケルーム」ができたんです! しかも、京急電鉄とのコラボレーションでかなり本格的な部屋だとか…。今回はオープン前の内覧会に行ってきましたので、内容を紹介していきたいと思います。

京急電鉄の全面協力でできたコラボルーム

今回のコラボレーション企画を行う「JOYSOUND」では、運転席からの展望映像とともに表示される運転士の喚呼やアナウンスのテロップを読み上げる「鉄道カラオケ」を提供しており、注目を集めてきました。今回の「京急電鉄カラオケルーム」は、その「鉄道カラオケ」を思い切り体感してもらうためにできたのだそう。

© Excite Bit 提供

この「京急電鉄カラオケルーム」は、JR品川駅からほど近い、「JOYSOUND品川港南口店」で7月20日よりオープン。期間は約半年とのこと。2部屋用意されています。

© Excite Bit 提供

この日は特別に京急電鉄の公式キャラクター「けいきゅん」がお出迎えしてくれました。車掌さんと一緒にポーズも決まってますね。

京急電鉄の全面協力で生まれたコラボレーションルームですが、使用している部品は、実際に走っている京急の車両から持ってきたのだとか。京急電鉄の広報担当の方のお話だと

「京急電鉄だからこそできたコラボレーションだと思います。部屋を見たときに、私たちもびっくりするくらい、本物に忠実に再現されていますよ」

とのことで、これは期待が高まりますね…。では、早速部屋の紹介をしましょう。

運転手、車掌気分にどっぷり浸れる「リアル運転士・車掌体感ルーム」

まずは、定員12名の「リアル運転士・車掌体感ルーム」に案内してもらいました。

© Excite Bit 提供

ドアからすでに京急電鉄。人気の車両、2100系をデザインしたそうです。

© Excite Bit 提供

足元には「乗車目標」のパネル。あのホームにあるやつですね。

そしてドアを開けると…

© Excite Bit 提供

目の前に広がるのは、電車の車両! しかも、壁の両サイドには窓をイメージした映像が流れてて、まるで本当に電車に乗っているみたいな気分になります。

© Excite Bit 提供

この部屋にはロングシートが設置されていますが、こちらは実際の車両で使っているものだとか。このシートは、確かに見たことある…。

© Excite Bit 提供

そして、奥に行くと憧れの運転席が!これも実際に使っている車両から部品を持ってきたそう。

© Excite Bit 提供

この運転席の椅子も、実際に使われているものなんです。

© Excite Bit 提供

目の前には、運転レバーやマイクが揃っています。

© Excite Bit 提供

レバーはダミーだそうですが、忠実に再現されいるとか。普段は触れないレバーをググッとあげてみたりして…。

© Excite Bit 提供

車内アナウンス用のマイクと、連絡用無線は実際に使われているものをそのまま設置しています。このレトロな感じがたまらないですね。

© Excite Bit 提供 © Excite Bit 提供

車掌が使うドアの開閉ボタン類も、もちろん実際に使用されているもの。触ってみると、かなりボタンが硬くて驚きました。これは安全のために硬くしているのだそう。

© Excite Bit 提供

ルーム内には、実際の京急の駅で使われている駅の看板などもディスプレイしてあります。

© Excite Bit 提供

テーブルには路線図も!

© Excite Bit 提供

部屋を暗くすると、さらに車内の臨場感を味わえますよ。

© Excite Bit 提供

実際に、京急電鉄の社員の方に制服でポーズをしてもらいました。いい感じですね。

© Excite Bit 提供

こんな帽子も用意しているので、ぜひ運転士や車掌になりきって、「鉄道カラオケ」をしてみてください。今まで以上に楽しめるはず!

まるで旅行気分を味わえる「KEIKYU車内体感ルーム」

次に案内してもらったのは、定員4名の「KEIKYU車内体感ルーム」。

© Excite Bit 提供

こちらもドアにはブルーの2100系が描かれています。

ドアを開けると…。

© Excite Bit 提供

向かい合わせの席に車窓が見える、まさに電車の車内! こっちは私たちがよく見るそのままの光景ですね。

© Excite Bit 提供

つり革ももちろん、実際の車両で使っているものを持ってきています。思わず触ってみたり。

© Excite Bit 提供

「リアル運転士・車掌体感ルーム」にもありますが、「鉄道カラオケ」を楽しむなら、車掌さんが使っているのと同じこのマイクを使ってみてください。

© Excite Bit 提供

ルーム内には、カラオケで使うスピーカー以外に、車内で使われているスピーカーを設置しており、車掌のマイクで喋ると、このスピーカーから音が出る仕組みに。スピーカーから出る音は、まさに車内アナウンスそのまま。このマイクを使って、擬似車掌気分になれるんですよ。

© Excite Bit 提供

こんな風に、写真のように遊んでみたらきっと楽しいはず!ちょっと旅行に行った気分にもなれる部屋なので、ぜひ気分転換に。

夏休みの家族連れの利用にも!

© Excite Bit 提供

このコラボルームを利用すると、「JOYSOUNDオリジナル切符」をプレゼントされるとのこと。なかなか凝った切符になっています。よくよく見ると、お店の電話番号が印字されていたり…。

© Excite Bit 提供

京急電鉄の人気車両カラーをイメージした「KEIKYU トレインドリンク」も用意。それぞれ、「レッドトレイン」「ブルートレイン」「イエロートレイン」と名前が付いていますよ。

© Excite Bit 提供

ドリンク注文時についてくるオリジナルコースターには、車掌ボイスが聞けるQRコード付きになっています。

© Excite Bit 提供

そして、事前予約制ですが、「JOYSOUNDオリジナル駅弁」を用意。この駅弁を食べながら「鉄道カラオケ」をすれば、もっと臨場感を味わえるはず。

電車の運転席は子供にとっても一度は座ってみたい場所。ぜひ、家族連れで夏休みに遊びに行ってみてください。きっと喜ばれること間違いなしですよ。

マニアでなくとも楽しめる「京急電鉄カラオケルーム」。現在、予約を受付中とのことですが、すでに続々と予約が入ってきているとのこと。夏休みも始まるので、お早めの予約をオススメします。

(西門香央里)

京急電鉄カラオケルーム

実施期間:2017年7月20日(木)~半年予定

実施店舗:JOYSOUND品川港南口店(東京)

住所:東京都港区 港南2−5−12 品川NBSビル

http://shop.joysound.com/campaign/keikyu/

© Excite Bit 提供 © Excite Bit 提供

エキサイトBitの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon