古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今すぐ使える! iPhoneの便利な文字入力の小技まとめ

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/01/20
今すぐ使える! iPhoneの便利な文字入力の小技まとめ: 画像:ITmedia © ITmedia Mobile 提供 画像:ITmedia

 iPhoneを使う上で、避けて通れないのが「文字入力」です。スマホ初心者向けに文字入力がちょっぴり便利になる小技をご紹介します。メジャーなものから、意外と知られていないものまであるので、知らないものがあればぜひ試してみてください。

●同じ文字を素早く入力するには

 「ああ」「いい」「AA」など、同じ文字を続けて入力する場合は、文字を入力した後に、キーボードの左上にある「→」をタップしてカーソルを移動させると楽に入力ができます。フリック入力であれば、同じ文字でも2回フリックするだけなので、キーを何度か連打する方法よりも早く文字入力ができるようになります。

 ちなみに、フリック入力の設定は、「設定」→「一般」→「キーボード」へ進み、「フリックのみ」の項目をオンにすれば切り替えることができます。

●英数字をスムーズに入力する

 パスワードやメールアドレスなど、英数字がランダムに混じった文字を打つ場合に便利なのが以下の方法です。

 例えば、英字を入力していて、その後に数字を打ちたいという場合。

 キーボードの左下にある「123」のボタンをタップし、そのまま長押ししてみましょう。すると、数字のキーボードに自動的に切り替わります。数字を入力するときには、長押しした指を入力したい数字までスライドさせると、すぐに数字の入力もできます。指を離せば英字のキーボードに戻るので、そのまま続けて入力ができます。

●「々」や「ゞ」などの踊り字を素早く入力する

 踊り字と呼ばれる、「々」や「ゞ」などの特殊文字も簡単に入力する方法があります。

 いくつか入力方法はありますが、一番簡単な方法は、「123」キーをタップして数字入力モードにすることです。「8」に触れると文字候補の中に「々」が現れるので、そのまま上にフリックすれば入力ができます。

●「」も超簡単に入力できる

 意外と知られていないかもしれませんが、ひらがなのキーボードの「や」を長押しすると、フリックの左右に「」が表示されます。これまで「カッコ」と入力していた人も「や」の長押しで「」が素早く入力できます。

●音声入力を使う

 iPhoneのキーボードの左下あたりにある、マイクのアイコンが書かれたボタンをタップすると、音声入力に切り替わります。

 使い方のコツは、あまり抑揚のないしゃべり方をすることと、一定のスピードで話すこと。句読点やカッコなども、「てん」「まる」「かっこ」「改行」と言えばその通りに入力されるので試してみましょう。静かな環境下で、声を出しても差し支えない場面であれば、音声入力もオススメです。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon