古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今度は不発!? 小嶋陽菜、下着CMでの“氷の女王”に『アナ雪みたい』との声

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/05/22 Cyzo
© Cyzo 提供

 女性用下着通販会社「PEACH JOHN」のイメージキャラクターに起用されているAKB48の小嶋陽菜。2月には、人気シリーズの進化版「ワークブラII」の新作CMに出演。ジョッキーに扮した小嶋がレースで優勝後、ユニホームを脱ぎ捨てて真っ赤なランジェリー姿になるという過激な演出で、「もはや野外露出」「これはエロすぎる」と話題になった。

 21日には、接触冷感素材を使用した「クーリッシュブラIII」の新CMが放送スタートし、同CMの中で小嶋は青い下着姿の“氷の女王”に扮している。吹雪の中、幻想的な氷の城にたどり着いた少女が目にしたのは、玉座に座る小嶋の姿と、彼女の魔法によって凍りついた男たちの姿。迷い込んだ少女の運命は…というスリリングなストーリーとなっている。

 同CMは映画『ナルニア国物語』や『アベンジャーズ』などのハリウッド大作を手掛けたCGスタッフによって制作されており、小嶋は普段のキュートな姿とは打って変わって「冷たい女」を演じている。また、21日に「PEACH JOHN vol.89 2014年夏号」も発行され、小嶋は上下青の下着姿で大屋夏南、マギーととも表紙を飾っている。

 新作CMの放送を受けて、ネット上では「相変わらずエロい体してる」「たまらんね」という声のほか、「こじはるには冷たい感じのメイクとか似合わない」「こういうのは、伊東美咲とか栗山千明の方が似合う」という声も上がっている。

「情報番組でメイキング映像が流れた際には、キャプチャ画像が大量に貼られるなど盛り上がってはいますが、しゃべり方もふわっとしていてゆるいキャラの小嶋にはクールなイメージは合わない。また、映画『アナと雪の女王』が大ヒットを記録しているため、『まるでアナ雪みたい』と便乗商法を疑うような声もあります。季節的に夏に向けた冷感素材のPRと重なってしまったのでしょうが…」(芸能ライター)

 小嶋が所属するAKB48といえば、6月7日に「第6回選抜総選挙」を控えている。21日には速報が発表され、小嶋は現時点で17位ということが明らかになった。まだ中間発表の段階ではあるが、選抜メンバーのボーダーラインである16位を下回る結果に小嶋はTwitterで「伝統芸とか、スロースターターとか、みんなそれが見たいのかな」「周りはいいけど、私のファンのみんなも言ってるのがとっても不安です」「私だってAKBにいるうちは総選挙が大事なイベントです!みんなとakb人生で1番の思い出を作りたいです!」と不安を吐露している。

「毎年、速報値では順位が低いために小嶋が不安を隠さず、ファンがそれに応える形で投票数を増やし、最終結果では大きく順位を上げるという一連の流れが“伝統芸能”と呼ばれてネタにされていますからね。昨年も中間発表では20位でしたが、その後の巻き返しで9位に食い込んでいます。しかし、指原莉乃は昨年自分が記録した速報値の最高2万8563票を大きく上回る3万8582票を獲得するなど、全体の得票数が増えているために開票日まで油断できないというのが正直なところでしょう」(同)

 9日にAKB48劇場などで選挙ポスターが披露された際には、ベッドの上で「もぉ~。あと1回だけね」と語りかける小嶋の姿が「卒業を示唆している」と話題になった。しかし、15日には公演で「たかみな(高橋みなみ)や優子(大島優子)みたいに皆を引っ張る先輩にはなれないですが、AKBにいたらこういうこともできるんだとか、後輩たちの道が出来るように頑張っていきたいと思います」と語ったことで「やっぱり残留宣言か」と憶測を呼んでいる。

 かねてから近い時期の卒業が噂されるものの、その真偽はいまだ不明な小嶋。しかし、今回のように下着姿を披露するたびに大きな話題となるだけに、AKBを卒業するしないにかかわらず、今後もエロ伝説をつくっていってほしいものだが…。(文=津本ひろとし)

※イメージ画像:『PEACH JOHN』オフィシャルサイトより

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon