古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今日から始める「Apple Pay」生活(クレジットカード編)

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/04/27 21:00
今日から始める「Apple Pay」生活(クレジットカード編): iPhoneやApple Watchで支払いができる「Apple Pay」 © ITmedia Mobile 提供 iPhoneやApple Watchで支払いができる「Apple Pay」

 iPhoneをかざして電車の改札を抜けたり、買い物をしたりするテレビCMを見たことがあるだろうか。AppleがiPhoneやiPad向けに提供している電子ウォレット機能「Apple Pay」は、お店でiPhoneやApple Watchをかざして決済したり、Webサイトやアプリから簡単に買い物ができたりするサービスだ。

 少額であればクレジットカードでも手軽にサインレスで支払いができる今、iPhoneにクレジットカードを登録してApple Payを利用するメリットが本当にあるのだろうか。

 Apple Payを利用する大きなメリットの1つは、支払いの過程がよりスムーズになることだ。常に手元にあるiPhoneやApple Watchを決済端末にかざすだけで完了する。お財布を取り出してクレジットカードを店員に渡す必要がなく、サッと支払いが終えられる。

 もう1つの重要なメリットは安全性だ。クレジットカードをiPhoneに登録すると、クレジットカード番号とは異なる「デバイスアカウント番号」が発行される。

 Apple Payでの支払いはこの番号が利用されるため、クレジットカード番号はカードを持っている自分とカードを発行したクレジットカード会社しか知りえないことになる。

 他者が番号を知ることができるプラスチックのクレジットカードよりも安全性が高いというわけだ。しかも、Apple Payで支払いをする場合には、「エクスプレスカード」として登録できるSuicaを除き、指紋認証(Touch ID)やパスコードの入力が必要になる。Apple Payはスマートで安全性が高い支払い方法といえる。

 日本でApple Payのサービスが2016年10月25日に始まってから半年ほどが経過したが、これから使い始めたい人たちに向けて、あらためて利用方法を紹介したい。

 ここではApple Payの便利さをダイレクトに実感できる「リアル店舗での買い物」と改札の通過、つまり「Suicaの利用」について取り上げる。第1回はiPhoneにクレジットカードを登録し、リアル店舗でApple Payを使って買い物をする方法や設定について紹介しよう。

●Apple Payで利用できるクレジットカード

 Apple Payを利用して店舗で買い物をするには、日本国内で販売された「iPhone 7/7 Plus」か「Apple Watch Series 2」が必要だ。海外で発売された端末とは異なり、国内向け端末にはおサイフケータイでおなじみの「FeliCa」が搭載されているためだ。

 まずはこれらの端末にクレジットカードを登録する。現状は全てのクレジットカードを登録できるわけではなく、非対応のカードもある。

 よく知られたクレジットカード会社は、おおむねApple Payに対応しているが、対応と未対応が分からないものは、以下に紹介するカードの読み取り方法を試してみるのが手っ取り早い。

 注意したいのが「VISAカード」だ。VISAカードは正確にいえば“VISAブランド”カードという意味で、VISAが自らクレジットカードを発行しているわけではない。VISAはあくまで決済システムを提供している「国際ブランド」で、クレディセゾンや三井住友カードといったクレジットカード会社(イシュア)がカードを発行し、国際ブランドのシステムを利用することで決済が実現している。クレジットカード右下のロゴマークは「決済システムにそのブランドを利用している」といった意味合いとなる。

 VISAは日本のApple Payに賛同しておらず、VISAブランドのクレジットカードはApple Payに登録できるがVISAクレジットカードとしての決済はできない。「iD」や「QUICPay」といった付随する電子マネー機能での決済のみ可能という状況だ。

 iDやQUICPayはクレジットと同様、後払い方式の電子マネーで、読み取り機に端末をかざすことで支払いができるリアル店舗向けの決済サービスだ。お店でiPhoneをかざしてサッと支払いをしたいということであれば、VISAカードでも問題なしだ。

●iPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録する

 iPhoneにクレジットカードを登録してみよう。Apple Payは「Wallet」アプリから最大8枚のカードを登録できる。カードの種類で「クレジット/プリペイドカード」を選択し、カメラを使ったカード読み取り画面の枠内にクレジットカードを入れると、カード番号を読み取ってくれる。まれに間違えることもあるので、読み取られた番号が正しいか必ず確認したほうがよい。

 続けてカード名義やセキュリティコードを入力すると、カード発行会社の認証が行われる。情報が不足していると追加で入力を求められ、クレジットカードがApple Payに対応していない場合はその旨が表示される。

 最後にApple Payの規約を確認し、同意するとクレジットカードがWalletに追加される流れだ。この後、さらにカード認証が行われる。SMS認証の場合はSMSで届いた認証コードを入力する。これでクレジットカードの登録は完了し、iPhoneでApple Payが使えるようになる。

 ちなみに、Apple Watch Series 2にクレジットカードを登録する場合は、iPhoneの「Watch」アプリにある「マイウォッチ」タブで行う。「WalletとApple Pay」から指示に従ってカードを登録するが、iPhoneに登録したカードをそのままApple Watchに追加してもいいし、新しいカードをApple Watchだけに追加することもできる。

●Apple Payで支払える店舗

 Apple Payは非接触決済に対応しているお店で利用できる。おサイフケータイが使えるお店なら、Apple Payも使えると考えてほぼ問題ない。クレジットカードを登録した場合は、iDかQUICPayのマークがあるコンビニや飲食店、家電量販店、自販機やタクシーなどで支払える。

 非接触決済というと、iDやQUICPayよりもSuicaを始めとする交通系電子マネーを利用できるお店の方が多いかもしれない。WAONやnanaco、楽天Edyもおなじみだ。今回はiD、QUICPayについて説明する。SuicaはWalletにSuicaカードを追加すると利用できるが、これについてはまた次回に紹介しよう。

 ちなみにWAONとnanaco、楽天Edyは現在、Apple Payには対応していない。

●支払い時にはTouch IDかパスコードの入力が必要

 Apple Payで支払う場合は、レジの担当者にiDかQUICPay(あるいはSuica)のどれで支払うのかを口頭で伝える。iDとQUICPayどちらか分からない場合は、Walletアプリを開いてカード画像のロゴを確認しよう。

 クレジットカードを複数登録している場合は、最初に登録したカードがメインカードになっている。メインカードでの支払いは本当に簡単で、iPhoneのTouch IDに指を載せた状態でiPhoneの上部をレジの読み取り機にかざすと、自動的に支払いが完了する。普段、よく使うカードをメインカードにしておくといいだろう。支払い回数の指定はできない。

 メインカード以外のカードで支払いをしたい場合は、Touch IDに指を乗せずにiPhone上部を店頭のリーダーにかざす。Walletの画面になるので、使いたいカードを選んでタップしてから、Touch IDに指を乗せて支払いを行う。なお、メインカードの変更は「設定」アプリの「WalletとApple Pay」から行える。

 Apple Watchで支払う場合は、サイドキーを2回押してカード画面を表示し、Apple Watchのディスプレイを読み取り機にかざす。メインカード以外で支払いたい場合は、カード表示画面をスワイプして切り替え、使いたいカードを表示させてから読み取り機にかざせばいい。

 iPhoneで支払いをする場合は、支払いの度にTouch IDまたはパスコードによる認証が必要となる。実際の利用した身からすれば、指を置くだけのTouch IDがおすすめだ。Apple Watchの場合は、普段からパスコードを設定しておけば、Apple Watchを腕から外しても悪用される危険はまずない。

 以上、リアル店舗でApple Pay(クレジットカード)を利用する手続きを紹介した。お店に設置されている読み取り機によっては、紹介したほどスムーズにいかないこともあるが、財布を持たずに買い物に行ける快適さをぜひ体感してみてほしい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon