古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今日(5/26)発売のソニー高速フルサイズ一眼「α9」と「α7II」を見比べてみた!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/26
今日(5/26)発売のソニー高速フルサイズ一眼「α9」と「α7II」を見比べてみた! © KADOKAWA CORPORATION 提供 今日(5/26)発売のソニー高速フルサイズ一眼「α9」と「α7II」を見比べてみた!

 35mmフルサイズ機として人気急上昇なのが、ソニーのミラーレス一眼「α」シリーズ。その新機種にして最上位モデルとなる「α9」が今日(5月26日)発売となった。そこで、改めてスペックなどを確認していきたい。ちなみに価格はボディーのみで50万円前後だ。 α9とα7II、サイズ感はあまり変わらず  まずはα9と従来機で下位モデルの「α7II」の外観を比べてみた。下の写真はすべて、左がα9で右がα7IIとなる。  α9の本体サイズは幅126.9×奥行き63×高さ95.6mm、重量はバッテリーとメディア込みで約673g。  一方、α7IIの本体サイズは幅126.9×奥行き59.7×高さ95.7mm、重量はバッテリーとメディア込みで約599g。スペック上は奥行きが約3mm、α9が分厚く、重量も74gほど重いが、見た感じは大きく違わない。  外観は、左側にドライブ設定用のダイヤルが追加されているのが大きな変更点だ。背面のダイヤルは大きくなって操作性はよくなった。  また、AFポイントの指定に使える「マルチセレクター」が追加されている。レンズマウントは止めねじが追加され、耐久性が向上した。  このように外観はあまり変わらない印象のα9と従来のα7シリーズだが、内部は大きく異なる。そのあたりは次ページで紹介していこう。 撮像素子も画像処理エンジンも刷新! 「α9」。レンズは別売 「α9」。レンズは別売 本体正面。フルサイズセンサーが見える 本体正面。フルサイズセンサーが見える 左手側にはドライブ系のダイヤルが備わっている。ダイヤル基部ではAFの設定が行なえる。ともにロック機構がついていて不意に回ってしまうことはない。右手側のレイアウトはα7シリーズとほぼ共通だ 左手側にはドライブ系のダイヤルが備わっている。ダイヤル基部ではAFの設定が行なえる。ともにロック機構がついていて不意に回ってしまうことはない。右手側のレイアウトはα7シリーズとほぼ共通だ 連写設定とAFの設定ダイヤル。ロック機構のため、連写は中央のボタンを押しながら、AFの切り替えは手前にあるボタンを押しながらでないと操作できない モードダイヤルも中央のボタンがロックになっている 連写設定とAFの設定ダイヤル。ロック機構のため、連写は中央のボタンを押しながら、AFの切り替えは手前にあるボタンを押しながらでないと操作できない モードダイヤルも中央のボタンがロックになっている  α9には撮像素子とてして積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」が採用されている。これがα7シリーズと大きく異なる部分だ。  積層型は画素と回路とを別の層に分けて配置。さらにメモリーを内蔵した構造になっており、高速に信号処理を行なえるようになっている。  画素領域からの読み出しスピードはα7IIに比べて約20倍高速になっているらしい。感度設定は拡張機能を「オン」にすることでISO 50からISO 204800に設定が可能だ。  なお、積層型センサーは高級コンデジの「RX100 IV」ですでに採用されているが、フルサイズでは初となる。  新型の撮像素子にあわせて画像処理エンジンの「BIONZ X」も改良され、従来比で約1.8倍の高速処理が可能になっている。  画像処理エンジンの高速化はカメラの処理能力向上に著しい効果がある。AF/AEの検出や処理、顔や瞳の検出をはじめ、EVFの表示遅延を最小にするなどインターフェース部分までも含めて快適な操作が得られるようになる。  新型の積層型CMOSセンサーと改良されたBIONZ Xの組み合わせで、AF/AE追従で秒間20コマの連写や連写中でも画面消失のない「ブラックアウトフリー」連続撮影、最高で1/32000秒の電子シャッター、電子シャッターで起こりがちな歪みを抑える「アンチディストーションシャッター」などを実現。メカニカルな構造では処理が難しかった部分を電子的に処理できるようになっている。  処理能力の向上と共に大容量バッファメモリーを搭載することで、連写機能は秒間コマ数だけではなく、記録枚数も大幅に向上している。 メディアスロットはデュアルになった。上はSD/MS対応、下はSDのみ(UHS-II対応) メディアスロットはデュアルになった。上はSD/MS対応、下はSDのみ(UHS-II対応)  利用する記録メディアにもよるだろうが、JPEGならば362枚、RAW記録でも241枚の連続撮影が可能だ。他社のプロ用フラッグシップ機を上回る撮影が可能だ。 AF速度や範囲も大幅に向上  AF機能も大幅に向上した。像面位相差検出方式とコントラスト検出方式を併用するファストハイブリッドAFを採用。位相差検出センサーの測距点数は693点、コントラスト検出の測距点は25点になっている。  同じファストハイブリッドAFを採用するα7IIでは117点/25点、α7RIIでは399点/25点となっているのでスペック的には大幅に向上している。また測距ポイントだけでなく、画面の約93%の領域をカバーしている点のほうが撮影には役立つだろう。  「XAVC S」形式での4K動画の記録が可能なほか、AVCHD/MP4形式でフルHD動画の記録が可能。また120fpsのスロー&クイックモーション撮影も可能になっている。  5軸に対応したボディ内手ブレ補正はシャッタースピード約5段分の効果があり、従来のαシリーズで培った技術の集大成的なスペックを持っている。  撮影モードにはカメラまかせの「おまかせオート」と「ピクチャーエフェクト」は残っているが、「シーンセレクション」と「スイングパノラマ」は省かれている。  シーンセレクションはなくてもどうにでもなるが、スイングパノラマは残しておいてほしかったところだ。  ちなみに、感度設定は最大でISO 204800だが、これはメカニカルシャッターでの撮影に限られる。電子シャッターではISO 25600が最大だ。  逆に、秒間20コマの連写が可能なのは電子シャッター時で、メカニカルシャッター時には秒間5コマまでとなる。 本体背面。Fnボタンの上にあるスティックポインターが「マルチセレクター」 本体背面。Fnボタンの上にあるスティックポインターが「マルチセレクター」 モニターはチルト式だ モニターはチルト式だ 動画の記録開始ボタンの位置はファインダー横になった ちなみに、α7シリーズの録画ボタンは本体の角にある。間違って押すことが多かった 動画の記録開始ボタンの位置はファインダー横になった ちなみに、α7シリーズの録画ボタンは本体の角にある。間違って押すことが多かった  背面の液晶モニターは3型(約144万画素)。EVFは0.5型約386万画素の有機ELだ。ファインダー倍率は約0.78倍でクリアで見やすい。  倍率的には下位モデルの「α7II」と同じで覗いた大きさもほぼ一緒だが、見え具合は高精細になってきめ細かくなった感じがする。  ボタン配置は若干変更が入ったが、基本レイアウトはα7IIに準拠している。持ち替えても操作性にあまり違和感は感じない。  そしてモニターはタッチ操作に対応。メニュー操作などはできないが、AFの測距位置の指定や画像再生時の操作などが行なえる。 プロ向けとして重要なオプションも豊富に用意!  (一眼レフを含めた)αシリーズにおいて、「9」が付くモデルはフラッグシップモデルを意味し、プロ用途を想定した最上位モデルに代々つけられてきた特別なナンバーだ。  ミラーレス機のシリーズに「9」のナンバーが与えられたいうことは、レンズも含めたシステム全体でプロやハイエンド系ユーザーへ自信を持ってアピールすることの表われと思える。 一緒に発表された望遠ズーム「SEL100400GM」(7月発売。希望小売価格は税別32万円)。100mmから400mmまでをカバーし、開放F値は100mm側でF4.5、400mm側でF5.6になる。Eマウントでは初の本格的な望遠ズームだ 一緒に発表された望遠ズーム「SEL100400GM」(7月発売。希望小売価格は税別32万円)。100mmから400mmまでをカバーし、開放F値は100mm側でF4.5、400mm側でF5.6になる。Eマウントでは初の本格的な望遠ズームだ アダプターを介してAマウント(一眼レフα用)レンズを装着した状態 アダプターを介してAマウント(一眼レフα用)レンズを装着した状態 装着した状態の背面側 バッテリーを2つ内蔵できるので、長い撮影でも安心 装着した状態の背面側 バッテリーを2つ内蔵できるので、長い撮影でも安心  レンズ交換が可能なカメラの場合、本体が良くてもレンズを含めた周辺機器までも含めての評価が必要。どれだけ高性能なカメラでも、利用できるレンズがプアーだったり、まともな周辺機器がないと使い物にならない場合がある。  ミラーレス機のαシリーズ、正確にはEマウントを採用するデジカメがプロ現場の一線級に投入されたことは、今後も含めて期待を感じる。 動く被写体を撮ってみた!  今回、製品同等機で撮影する機会が得られたので、画質を見てみた。なお、上の写真はクリックで拡大するが、掲載にあたってはメーカーからの要請で6分の1程度にリサイズしている。  室内スポーツでの撮影では精度の高いAFの追従性が確認できる。素早いステップで動き回る選手へのAFの追従性はかなり良好で、複数人がフレームに入ればちゃんと認識もしてくれる。  AF精度は問題ないので素早く動き回る選手をフレームに収めることだけに集中すれば、後はシャッターチャンスを逃さないようにするだけ。それすらも秒間20コマの高速連写とJPEGで362枚まで連続撮影が可能なのでかなり成功率は高くなるだろう。  秒間20コマで362枚の連写となると約18秒間撮り続けることが可能になるので、動きのあるスポーツ撮影ではかなり心強いと思える。  画像を確認する限り、基本的な解像力は高い。感度が低いうちは質感の描写性も高く、階調もかなり広く再現されている感じだ。外光が反射している床の描写を見るとハイライトの白飛びが少くかなり階調が残っているのが確認できる。また室内の暗い部分、暗部での描写力もかなり高い。  高感度での撮影ではノイズリダクションの効果が高いのが確認できる。  ISO 25600くらいまではノイズリダクションの効き具合がよく、ノイズの発生はあるものの、かなり目立たないよう処理されている。もちろん、質感の描写力も高いままだ。  ISO 51200くらいになるとさすがにノイズが目立ってくるが、ノイズそのものがきめ細かく銀塩フィルムの粒子のようなので気になることはないだろう。  ISO 102400を超えた当たりからノイズリダクションの効果よりもノイズや偽色が目立ってくる。最高感度のISO 204800までいくとノイズや偽色は盛大にでてくるものの、無理なノイズリダクション処理がされず、偽色、ノイズをある程度残してディテールへの影響を少なめにしているような感じがする。  偽色やノイズをノイズリダクションで消しても質感のない絵のようになってしまう可能性があるが、しっかり質感を残す方向で処理されているようだ。  最高感度ではある程度ノイズが出るのを覚悟しておく必要はあるが、ISO 51200くらいまでなら実用性の高い高精細な画質で記録が可能だろう。十分な光量が得られない室内での撮影でも期待は持てる。 スポーツ撮影に使うならα9は最適  α7IIをベースにブラッシュアップされた感じで、見た目の変化は少なめだが、新型センサーに強化されたAF機能や連射性能はα7シリーズのスポーツ特化バージョン的にも見える。  AFなどの処理や読み出し速度の向上はスポーツ撮影での利便性を向上するのが目的かもしれない。音のしない電子シャッターやブラックアウトのない連写は報道やスポーツの撮影で活躍できる要素だ。  特にスポーツの場合画面全域での顔認識や瞳認識のAFがしっかり動作すればフレーミングの自由度が上がりピンぼけの失敗が減り、連写コマ数が多ければシャッターチャンスも逃しにくくなる。  これらの機能は技術をカバーすることができ、一眼レフよりも良い写真を撮れる可能性が上がる期待のできるデジカメだ。  とはいえ、50万円という価格は、いかに最強スペックとは言っても手が出しにくいと思われる。ということで、次回は価格が下がってきたフルサイズ機「α7II」を再評価してみたい。

今日(5/26)発売のソニー高速フルサイズ一眼「α9」と「α7II」を見比べてみた!

今日(5/26)発売のソニー高速フルサイズ一眼「α9」と「α7II」を見比べてみた!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon