古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今秋登場するiOS 11のiPad Proはどうやって使う? ビデオで新機能をチェック

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/08/23
今秋登場するiOS 11のiPad Proはどうやって使う? ビデオで新機能をチェック: 新しいiOS 11はiPadの使いかたを大きく変える? © ITmedia PC USER 提供 新しいiOS 11はiPadの使いかたを大きく変える?

 Appleはこの秋、「iPadにとって史上最大となるソフトウェアリリース」とうたうiOS 11をリリースします。数々の新機能は6月のWWDC(世界開発者会議)で発表されましたが、具体的にはiPad上でどんなことができるようになるのでしょうか? Appleが先週公開したプレビュービデオ6本で、気になる操作感をチェックしましょう。

●ビデオ1、新しいDockを活用する方法

 画面下に表示されるDockには、より多くのアプリが配置できるようになります。アプリを長押しすれば最近開いたファイルが表示され、すぐに呼び出すことも可能に。

 写真を誰かに送りたいときは、カメラロールからメッセージアプリに写真をドラッグ&ドロップするだけです。画像をシェアする方法がより直感的になりました。

●ビデオ2、ファイルを専用アプリで管理して呼び出す方法

 iOS 11では新たに「Files」アプリが登場。ファイルをフォルダで整理したり、複数のオンラインストレージサービスにあるファイルを「Files」アプリで呼び出したりできます。Macで言うところのFinderや、Windowsのエクスプローラのようなイメージでしょうか。

●ビデオ3、マルチタスク機能でより多くの作業をより迅速にこなす方法

 生産性向上が求められる現代において、物事をより多く、より素早く行うには、作業を同時進行できるスキルが必要です。そこでiOS 11でも、マルチタスク機能が強化されました。

 アプリを起動した状態でDockを呼び出し、別のアプリをDock以外の場所へドラッグ&ドロップすると、新たにウインドウが立ち上がり、アプリ間でデータが簡単にやり取りできます。画面を2分割する「Split View」機能がさらに進化した感じ。

●ビデオ4、書類を簡単にスキャンし、署名して送信する方法

 iPad ProとApple Pencilのコンビもビジネスの頼もしい相棒になります。メモアプリのスキャンモードを起動し、書類をカメラでスキャン。Apple Pencilで書類に署名したら、そのままアクションボタンからメールなどに添付できます。

●ビデオ5、Apple Pencilで写真や書類などにマークアップする方法

 こちらもApple Pencilを使った新機能。iOS 11を使って、さまざまな書き込みをより簡単に素早く行いましょう。

 Apple Pencilでロック画面をちょんと押すと、メモ画面が現れるので、思いついたアイデアやToDoを忘れずに記録できます。取り出す手軽さはもはや紙のメモ帳とペンに近いので、メモ用ノートを持ち運ぶことがなくなりそう。メールに添付された書類や写真、スクリーンショットにも簡単にマークアップしてシェアできます。

●ビデオ6、指を使ってiPadを最大限に活用する方法

 最後は原点に戻り、人間の指を使ったiPadの活用方法を紹介します。複数のファイル選択は、左右の指を使いより直感的な操作に。アプリの切り替えは画面下から上にスワイプし、コントロールセンターを呼び出します。

 アプリを閉じるときは、5本指で「ウッ!」とピンチイン。気分はもう「マイノリティ・リポート」でバーチャル画面を操作するトム・クルーズです。

 なおAppleは開発者向けのベータ版のほか、一般ユーザー向けにもパブリックβを公開しており、Apple Beta Software Programに登録することでプレリリースバージョンを試すことができます。正式版は例年通りなら9月ころにリリースされるはず。iPadユーザーは特に楽しみですね。

[らいら,ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon