古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今iPhoneで使いたい! 旬なBluetoothヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/31
今iPhoneで使いたい! 旬なBluetoothヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介 © KADOKAWA CORPORATION 提供 今iPhoneで使いたい! 旬なBluetoothヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介

 iPhoneやスマホで手軽に音楽を楽しむアイテムとして注目されているBluetoothオーディオ。最新の製品はいくつかのトレンドがあり、使い勝手も異なる。そこで、Bluetoothヘッドフォン/イヤフォンで最近注目を集めている製品をタイプ別に紹介していく。具体的には、イヤフォンが「完全ワイヤレス」「左右ケーブル接続型」、ヘッドフォンが「オーバーヘッド型」「ノイズキャンセリング型」の4つだ。 ヘッドフォンまで左右独立の完全ワイヤレス!! 完全ワイヤレスタイプのメリット/デメリット メリット:今までにない軽快さ。収納ケースが充電器を兼ねていて使い勝手もいい デメリット:連続再生時間の短さ。極めてコンパクトなため、音質も少々不利  今、最も話題なのが完全ワイヤレスタイプだ。完全ワイヤレスとは、イヤフォンの左右のユニットがケーブルでつながれておらず、物理的に独立したタイプのこと。イヤフォンということもあり、指先ほどの大きさのユニットが2つという構成だ。  このタイプでもっとも有名なのが、アップルが発売している「AirPods」だろう。iPhoneに付属のEarPodsをワイヤレス化したモデルで、外観はまさしくケーブルのないEarPodsだ。 アップルの「AirPods」 アップルの「AirPods」  このタイプは、ケーブルがまったく存在しないという点では実に軽快だ。ちょっと遠目から見たらイヤフォンをしていることさえ気付かれないだろう。  外見も今までにないスタイルだけに、使い勝手もずいぶんと異なる。そのあたりを最新かつおすすめモデルであるERATOの「Apollo7s」(実売価格 4万円前後)で説明していこう。 軽快さではNo.1 3Dオーディオ機能も備えるERATO「Apollo7s」 付属のケースにセットした「Apollo7s」。この状態で充電が行なわれる 付属のケースにセットした「Apollo7s」。この状態で充電が行なわれる  Apollo7sの外観は、まさしくケーブルのないハウジングだけのイヤフォンだ。これだけだと、外したときに紛失してしまいそうに感じる人も少なくないだろう。  完全ワイヤレスのタイプは比較的高価格のモデルが多いのでますます心配になる。そのため、というわけではないのだが、完全ワイヤレスのモデルはイヤフォンを収納するケースが必ずセットになっている。 付属のケース。ケースのバッテリーへの充電はmicroUSBケーブルでACアダプターと接続して行なう 付属のケース。ケースのバッテリーへの充電はmicroUSBケーブルでACアダプターと接続して行なう  使わないときはここに収納すれば紛失の心配も減るというわけだ。そして、ケースが充電器も兼ねている。モデルにもよるが、Apollo7sのケースはイヤフォンを2回分充電できるバッテリーを内蔵している。使わないときに収納しておけば、その都度充電もされるというわけだ。  ちなみに、連続再生時間は最大3時間とちょっと短め。このため、ケースが充電器を兼ねるというのは必須だろう。  完全ワイヤレスのタイプの気になる点のひとつがこの連続再生時間がやや短いこと。小さいハウジング内部にバッテリーを収めなければならないので仕方がないのだが、四六時中音楽を聴きっぱなしという人だと少々充電が面倒かもしれない。  実際に使ってみたが、ペアリングは左右のどちらかで行なうだけでよく、操作や設定の煩雑さはない。  サイズはコンパクトで耳から飛び出す部分もほとんどないので、実に軽快。あまりにも軽快なので、そのままポロリと落ちてしまいそうな気もする。このあたりは人によって印象は変わると思うが、イヤーチップのサイズをきちんと合わせてぴったりと合うようにすることが大事だと感じた。  音を聴いてみたが、中音域中心の聴きやすいバランスで、低音感もそれなりにある。特に女性ボーカルの声がナチュラルで気持ち良い再現だ。  高音の伸びはやや物足りないが、そのぶん穏やかで聴き心地がよい。大編成のオーケストラでもたくさんの楽器が鳴ったときなどはやや細かな部分が不足するものの、主旋律はなめらかに再現されるし、スケール感もなかなかのもの。  また、Apollo7sには3Dサラウンド機能もあり、イヤフォンのボタン操作で3D/3Dワイド/通常と切り替わる。3Dは広がり感が増し、より解放感のある音になる。3Dワイドはやや人工的な感じもあるが、フワっとした感触は軽快な完全ワイヤレスタイプに近いもので好ましい。  高域の細やかさや音数といった情報量という点では、極めて小さなボディーにBluetoothユニットを内蔵するため、少々もの足りない部分はある。  聴きやすい音にまとまってはいるが、高音質を追求するのはちょっと厳しいと感じた。しかし、この軽快さは今までにないもので、音質よりも気軽さを優先する人ならば魅力は大きいだろう。 左右のイヤフォンがケーブルでつながったタイプ 左右結合タイプのメリット/デメリット メリット:連続再生時間も十分で、リモコン付きなど使い勝手が良好。音質も有利 デメリット:完全ワイヤレスほどの軽快さはない  続いては、左右のイヤフォンユニットがケーブルでつながったタイプ。これは、Bluetoothイヤフォンとしては標準的なスタイルだ。  単純にケーブルでつながっているものもあれば、首にひっかける感じのネックバンドとつながったタイプもある。装着感はもちろん、見た目も変わるので、服装などに合わせて選ぶといいだろう。  ここで紹介するのはJBLの「E25BT」(実売価格 5800円前後)。およそ6000円という価格も魅力で、ちょっと試してみるにもちょうどよいモデルだ。 使い勝手もなかなか良好なJBL「E25BT」 JBL「E25BT」。左右をつなぐケーブルにはバッテリー部とリモコン部がある JBL「E25BT」。左右をつなぐケーブルにはバッテリー部とリモコン部がある  E25BTの場合は、ケーブルの真ん中あたりにバッテリーやBluetoothのための回路を持った部分がある。  すべてをハウジング内に収める必要がないので、バッテリー容量も大きくでき、最大約8時間の連続再生が可能になっている。  しかも、E25BTはこのバッテリー部分に付属のクリップを装着でき、服の襟などに固定できるので、うっかり紛失するような心配もない。  E25BTの使用感は、スマホとケーブルでつながっていない軽快さはあるが、ハウジングからケーブルが出ていることもあり、今までのイヤフォンの感覚に近い。  あまり新鮮味はないが、ちょっとイヤフォンを外したときにそのまま首から下げておけるなど、今までとの使い勝手の差を感じない点は好ましい。 リモコンは3ボタンタイプ。側面には充電用のmicorUSB端子もある リモコンは3ボタンタイプ。側面には充電用のmicorUSB端子もある  また、リモコン/通話用マイクがあるので、今までと同じ感覚で使える。このあたりの親しみやすさが大きな特徴と言えるだろう。 装着イメージ。左右をつなぐケーブルは首の後ろに回すようにして、イヤフォンを外したときはそのまま首に下げておくことができる ハウジングは小さく、かさばるようなことはない 装着イメージ。左右をつなぐケーブルは首の後ろに回すようにして、イヤフォンを外したときはそのまま首に下げておくことができる ハウジングは小さく、かさばるようなことはない  音質はクリアーで解像感に優れた音で、クラシックの音数の多さもしっかりと再現する。低音はややコンパクトだが、中低音がしっかりとしているのであまり物足りなさは感じない。  広々としたステージ感と音数の多さでオーケストラの演奏も十分楽しめる。女性ボーカルは声が生き生きとしていて、吐息などの微妙なニュアンスもよく出る。溌剌とした元気の良い鳴り方で楽しく音楽を聴ける。  情報量の豊富さなどを考えても、音質的にもこちらの方が有利であるとわかる。価格が身近なモデルも多いので、初めてBluetoothを試すならば、こちらのタイプの方が選択肢も多いのでおすすめだ。 サイズは大きくても音質は優位なオーバーヘッド型 オーバーヘッド型のメリット/デメリット メリット:音質も良好で、機能や連続再生時間などの点でも優秀 デメリット:大柄なサイズなので、屋外ではやや使いにくい  オーバーヘッド型はケーブルではなくヘッドバンドで左右がつながっているので、ケーブルのわずらわしさがないという意味で、これも完全ワイヤレスと言える。  一般的な(有線の)ヘッドフォンとの違いでいえば、選曲や音量などの操作ボタンがハウジングについている。手探りで操作することになるので、最初は慣れが必要だが、慣れてしまえばいちいちスマホを取り出す必要がないので便利だ。  サイズが大きいので、バッテリー容量なども余裕があるし、大口径のユニットを使えるなど、音質的にも優れたモデルが多い。屋外でオーバーヘッド型を使う人は少ないかもしれないが、音質や使い勝手など、総合的な実力の高いモデルが多い。 パワフルな低音でスケール感豊かな音を楽しめるソニー「MDR-XB650BT」 ソニーの「MDR-XB650BT」。大柄ではあるがすっきりとしたデザインだ。持ち運び用にハウジング部のスイーベル機構を備える ソニーの「MDR-XB650BT」。大柄ではあるがすっきりとしたデザインだ。持ち運び用にハウジング部のスイーベル機構を備える  ソニーの「MDR-XB650BT」(実売価格 1万3000円前後)は、低音の迫力を高めたEXTRA BASSシリーズに属するモデルで、専用開発された30mmドライバーを採用。低音の迫力を高めるベース・ブースターも備えている。連続再生時間はなんと約30時間の長寿命だ。  オーバーヘッド型ながらもサイズは比較的コンパクトで、シンプルなデザインもあってあまり大げさな感じはない。 右側のハウジングにある選曲/再生操作のボタンと、音量調整ボタンがある 右側ハウジングの後ろ側には電源ボタンがある。下側にはマイクと充電用microUSB端子がある 右側のハウジングにある選曲/再生操作のボタンと、音量調整ボタンがある 右側ハウジングの後ろ側には電源ボタンがある。下側にはマイクと充電用microUSB端子がある 厚みのあるイヤーパッドの奥には、30mmドライバーが内蔵されている 厚みのあるイヤーパッドの奥には、30mmドライバーが内蔵されている  重量は約190gと十分に軽量だし、イヤーパッドのフィット感の良さもあり、十分に軽快だ。重さに影響するほどではないが、ケーブルがないことも軽快さにつながっているだろう。 装着イメージ。厚みのあるイヤーパッドが耳を包み込むので、装着感は良好 装着イメージ。厚みのあるイヤーパッドが耳を包み込むので、装着感は良好  その音は、モリモリとしたパワフルな低音が特徴的。少々量感が多めにも感じるが、女性ボーカル曲の伴奏のベースやドラムが不明瞭になることもなく、力強いリズムを再現している。  クラシックはスケール感がしっかりと出て、なかなか堂々とした音だ。太鼓やティンパニといった打楽器が力強く鳴り、迫力のある演奏になる。中高域は自然な聴き心地を重視した少し穏やかな鳴り方だが、情報量が薄れるというほどではなく、気持ち良く楽しめる。  パワフルな低音好きにはぴったりのモデルだが、やりすぎにならない絶妙なバランスで仕上げられており、基本はしっかりとしている。NFC対応など機能的にも充実したお買い得のモデルだ。 周囲の音を遮断して音楽に集中ノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン ノイズキャンセリング型のメリット/デメリット メリット:周囲の音をほぼ聞こえなくするので音楽に集中できる デメリット:オンにし続けるとバッテリー駆動時間が減る  外の騒音を打ち消して再生中の音楽しか聞こえないようにするノイズキャンセリングヘッドフォン。近年はその性能が向上しており、空港などの騒がしい場所でも静寂に包まれながら音楽が楽しめる。  Bluetoothヘッドフォンにもノイズキャンセリング機能を搭載するものがあり、電車などでワイヤレスかつ静かな環境で音楽に集中できる。  ただ、ノイズキャンセリング機能なバッテリーを消費するため、ヘッドフォン自体の駆動できる時間が少なくなる。ほとんどの機種ではノイズキャンセリング機能のオン/オフが可能なので、必要な時のみオンにするという使い方となるだろう。 多機能な高音質ヘッドフォンJBL「EVEREST ELITE700」 JBL「EVEREST ELITE700」。すっきりとしたモダンなデザインで、スマートな印象になっている JBL「EVEREST ELITE700」。すっきりとしたモダンなデザインで、スマートな印象になっている  JBLの「EVEREST ELITE700」(実売価格 3万7000円前後)は、同社のヘッドフォン最上位モデルで、音質の良さも含めて優秀なモデルだ。ノイズキャンセル機能以外にも、ユーザーに耳に合わせて最適な音を楽しめる「オートキャリブレーション機能」も備えているなど、高機能を満載している。 ハウジングの両側に操作ボタンを配置。左右に電源/オートキャリブレーションボタン、音量調整/再生・通話ボタンを配置している ハウジングの下部には、有線接続用のステレオミニ端子と、充電用のmicroUSB端子がある ハウジングの両側に操作ボタンを配置。左右に電源/オートキャリブレーションボタン、音量調整/再生・通話ボタンを配置している ハウジングの下部には、有線接続用のステレオミニ端子と、充電用のmicroUSB端子がある サイズは大柄だが、収納時はコンパクトに折り畳むことができるので、屋外への持ち歩きも十分使える サイズは大柄だが、収納時はコンパクトに折り畳むことができるので、屋外への持ち歩きも十分使える  ハイブリッド方式のノイズキャンセルは、周囲の環境音の聞こえ方を調整することもできるなど、なかなか高機能。暗騒音をしっかりと消音しつつ、周囲の会話などは明瞭に聞こえるといった使い方もできる。 装着イメージ。サイズとしてはやや大きめ。耳全体をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプだ 装着イメージ。サイズとしてはやや大きめ。耳全体をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプだ  装着してみると、サイズはやや大柄に感じるが側圧は軽めで重さや窮屈さはあまり感じない。ヘッドバンドの幅が広いこともあり、安定した装着ができるのも好ましい。  音は明瞭でキレ味のよいJBLらしいライブ感たっぷりの音だが、オートキャリブレーション機能を使うと音に解放感が出て、より生々しい迫力が出てくる。  女性ボーカルはしっとりとした音調でニュアンスを豊かに聴かせてくれる。声の微妙なエコー感や細かなニュアンスもきめ細かく再現してくれる。高解像度というよりもキメの細かな再現という印象だ。  クラシックも重厚なスケール感と音の粒立ちのよい再現で、コンサートを聴いているような臨場感がある。  このクラスになるとBluetoothというイメージはなく、質の高い音楽を楽しめる。価格はそれなりに高価だが、音質にこだわるならば、このクラスのモデルを吟味するといいだろう。 Bluetoothスピーカーの紹介や、より便利に使うためのテクニックを解説  Bluetoothイヤフォン/ヘッドフォンのタイプ別の特徴がわかれば、あとは自分に合ったタイプのモデルを選ぶだけ。  今や注目のBluetoothイヤフォン/ヘッドフォンだけに、さまざまなモデルが登場しているので、じっくりと自分の好みのモデルを選ぶといいだろう。  次回は、こちらも人気のBluetoothスピーカーを紹介。そのほか、より便利に使うためのテクニックの数々も解説するのでお楽しみに。

今iPhoneで使いたい! 旬なBluetoothヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介

今iPhoneで使いたい! 旬なBluetoothヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon