古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

仮想通貨マイニング需要が減速 「成熟期に移行した感じ」

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/07/24 12:26
仮想通貨マイニング需要が減速 「成熟期に移行した感じ」: パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のマイニング向けマザーの在庫 © ITmedia PC USER 提供 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のマイニング向けマザーの在庫

 5月末から続いている仮想通貨のマイニング需要は、少なくとも秋葉原ではターニングポイントを迎えたようだ。先々週の時点で半数のショップから勢いが落ち着いたとの声を聞いたが、先週はそうしたコメントを大半のショップから聞くようになった。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「まだRadeon RX 580/570は出せば売れる状況ですが、マイニング対応マザーはパタッと動かなくなりました。対象のグラフィックスカードが入手しづらく、また値上がりもしているので、新規に参入する人が少なくなって、いまある需要が満たされたという側面がありそうです。バブル期から成熟期に移行した感じですね」と語る。失速したというより減速して売れ続けている印象だそうだ。

 他店でも落ち着き具合に多少の差はあれど、似たような変化が起きているという。某ショップは「今さらビットコインを掘り始める人はそうはいないにしても、ビットコインの分裂騒動がブレーキになったところはあると思います。仮想通貨のリスクを目の当たりにしたことで参入機運が削がれたところもあるでしょう」と分析していた。

 ビットコインは今後の取引情報の記録方式を巡って分裂騒動が起きており、業界団体の日本仮想通貨事業者協会は7月23日に同通貨の受け入れや引き出しを一時停止すると発表。騒動が落ち着くまで再開を見合わせる見込みだ。週末の時点で分裂は回避されるとの報道が流れているが、協会の新たな動きはまだない。

 6月9日からビットコインとモナコインでの決済を始めたパソコンSHOPアークも、ビットコインに関しては7月末までに決済を一時停止する予定だという(21日時点の証言)。「すでに決算までに30分かかることもありましたし、何かしらの対応をしなければと考えていました。実際の動きは契約しているZaif Paymentに依ると思います」とのこと。仮想通貨を使った決済は全体の割合でいえばごく少数のため、とくに混乱なく処理できる見込みだという。

 騒動が落ち着いた後も「成熟期」が続くか、新たな動きが現れるか。今後も注目したい。

●「Core i7-7740X」「Core i5-7640X」も登場!――Core Xシリーズが勢ぞろい

 7月14日に販売開始となった「Core X」シリーズ上位(Skylake-X)に続き、下位の「Kabylake-X」ことCore i7-7740XとCore i5-7640Xも各ショップの店頭に並んだ。税込み価格は予価通りに4万3000円前後と3万1000円前後。

 販売解禁直後に品薄となっていたCore i7-7820Xも各ショップが再入荷しており、潤沢とはいえないまでも順調に買いやすい状況になっている。TSUKUMO eX.は「Kabylake-Xは下位なのでそんなに動きはないですね。ただ、Core XとX299マザー全体で選択肢が広がったことはいいことだと思います」と話していた。

 X299マザーは、MSIのオーバークロック向けハイエンドモデル「X299 XPOWER GAMING AC」が登場している。合計14フェーズの電源回路や冷却機構を備えたM.2デュアルスロットなど強力な仕様で、税込み6万7000円前後で出回っている。

 ドスパラ パーツ館は「ゲーミングやOC用途でCore Xを使いたい人ならかなり遊べるマザーだと思います。価格的にも分かっている人が買っていくという感じになるでしょう」と評価していた。

●90Lで1180円! 巨大なボストンバッグが予想外のヒット

 テクノハウス東映で目立っていた変わり種の新製品に、カワヨシの「MEGA BOSTON BAG」がある。90Lの大容量バッグで、税込み価格は1180円となる。

 同店は「用途はいろいろですけど、とにかく容量単価がものすごく安いということで予想外の勢いで売れています。いろんなパーツを買い込んだりした人にもお勧めですよ」とプッシュする。

 コストパフォーマンスの良さが注目されている新製品としては、IN WINのミドルタワーケース「101」も見逃せない。左側面に強化ガラスパネルを採用したATXモデルで、税込み1万円弱だ。

 TSUKUMO eX.は「コスパに優れた303をさらにお安くした感じのケースですね。内部にプラスチックを使ったりしてコストを抑えつつ、天板などの厚みはキープして、チープは印象を与えないように工夫しています。1万円以内でシンプルな強化ガラスモデルがほしいという人には魅力的だと思います」と話していた。

●Synologyのハイエンドルーター「RT2600ac」がデビュー!

 ネットワーク関連で話題を集めていたのは、Synologyの無線LANルーター「RT2600ac」だ。IEEE802.11ac(wave2)に対応しており、2.4GHz帯と5GHz帯で最大800Mbpsと1733Mbpsの高速通信ができる。税込み価格は3万2000円前後。

 入荷したTSUKUMO eX.は「国内では初めてのSynology製ルーターですね。海外ではすでに話題になっている製品ですが、強力ゆえに国内流通までに少し手間どったようで、ようやくに登場しました。高速なだけでなく、接続設定のやりやすさや高度なカスタマイズ性にも注目が集まっています」という。

 また、同コーナーにはTP-LinkのWi-Fi中継機「RE650」も並べられていた。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応するモデルで、5GHz帯なら最大1733Mbps、2.4GHz帯なら同800Mbpsの通信が可能。税込み価格は1万3000円前後だ。「中継機で4本アンテナ、そしてこの速度というのは始めてだと思います。高速な環境をキープして広げたいという人には強力な味方になるでしょう」(同店)

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon