古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

仲間由紀恵、妊活中に不倫された? 田中哲司の“クズ夫”情報は「仲間の事務所リーク」!?

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/08
© Cyzo 提供

 6月2日発売の「フライデー」(講談社)が、仲間由紀恵の夫・田中哲司の不倫をスクープしたことにより、マスコミ各社の“後追い報道”が相次いでいる。そのほとんどが夫婦の私生活にまで踏み込んでおり、この状況について「仲間の事務所が、2人を別れさせようとしている可能性が高い」(芸能プロ関係者)という指摘が出ている。

 仲間と田中は、2007年のドラマ『ジョシデカ!‐女子刑事‐』(TBS系)で共演後、交際に発展し、14年に結婚。今年で結婚3年目となるが、「フライデー」の報道によると、田中は仲間が仕事で日本を離れていたゴールデンウィーク中、人気ヘアスタイリストの女性と密会していたという。

「さらに、6月8日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、仲間から問い詰められた田中があっさりと不倫を認めて『すまん』と謝った様子のほか、仲間が妊活に励んでいたこと、初めはそれに協力的だった田中が、昨年の春頃から非協力的になっていたことなどが伝えられています。また、同日発売の『女性セブン』(小学館)も、仲間の妊活内容について、基礎体温測定や、冷たい飲み物を避けていたなどと、かなり詳細な情報を掲載しているんです」(スポーツ紙記者)

 こうした状況から、夫婦と相当親しい人物が、情報を流しているとみられるが、「実は仲間の事務所が“情報源”なのではないかとささやかれているんです」(同)という。

「仲間と田中の結婚は、最初から波乱含みでした。売れっ子の仲間と脇役ばかりの田中だけに、“格差婚”と指摘されていましたし、また『文春』や『セブン』にも書かれていたように、田中の女癖の悪さは、結婚前から有名だったんです。仲間の事務所も、はなから結婚に反対しており、特に田中の女遊びに関しては、『いずれ“大事故”につながる』と踏んでいたといいます。結婚を阻止するべく、田中のネガティブ情報をマスコミにリークすることもあったというだけに、今回の不倫報道でも同様に、“田中がいかにクズ夫か”を流しているのではないでしょうか」(同)

 結果的に仲間が事務所を“突破”する形で2人は結ばれたが、夫婦関係や私生活について、ここまで赤裸々に書かれては、もはや関係修復も難しいかもしれない。

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon