古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

伊藤計劃『虐殺器官』、重要シーンが追加された新特報 中村悠一&櫻井孝宏のコメント動画も

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/15 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 伊藤計劃原作アニメーション『虐殺器官』より、最新の特報映像とポスタービジュアルが公開された。 動画はこちら  本作は、『屍者の帝国』(円城塔との共作)や『ハーモニー』を執筆した作家・伊藤計劃の同名小説を、劇場アニメ化した近未来SF。テロの脅威によって、徹底した情報管理システムを構築したアメリカ。米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉が、「虐殺の王」ジョン・ポールの追跡ミッションを実行する中で、驚くべき世界の真実に触れていく模様を描く。  この度公開されたポスタービジュアルは、「Project Itoh」3作品(『虐殺器官』『ハーモニー』『屍者の帝国』)のキャラクター原案を担当したredjuiceによる描き下ろし。ポスターには、アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊大尉クラヴィス・シェパードが銃を構える姿と、クラヴィスが追跡する謎のアメリカ人、ジョン・ポールの姿が描かれている。  あわせて公開された特報は、既出の映像に加え新規カットが多数追加された最新版。物語の核となるシーンが含まれているようだ。  さらに、本日12月15日に行われた「ノイタミナプロジェクト発表会2017」にて、クラヴィス・シェパード役の中村悠一と、ジョン・ポール役の櫻井孝宏のコメント動画も公開された。コメント動画では、すでに冒頭15分を観たという中村と櫻井が、「待った甲斐のある納得の出来になっている」とコメント。そのほか、作品の設定にちなんだ、「あったらいいなと思う器官は?」という質問に対し、「ガッキー(新垣結衣の略称)器官がほしい」「PPAP器官的な?」と冗談を交わす二人の様子も確認できる。  また、12月17日より、全国共通特別前売券の発売が開始される。特典として、redjuiceによるクラヴィスのイラストが描かれたクリアファイルと、3枚の設定画がプレゼントされる。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon