古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

低血圧?夏バテ? 夏に肩こりが悪化しやすいワケ

All About のロゴ All About 2017/07/01

肩こり、頭痛、倦怠感などの様々な不調……ひょっとしたらそれは低血圧の症状かもしれません © AllAboutMedical 提供 肩こり、頭痛、倦怠感などの様々な不調……ひょっとしたらそれは低血圧の症状かもしれません

低血圧で肩こりになるって本当?

今頃の時期、疲れやすくなったり、体がだるかったり、肩こりや頭痛を感じやすいという人は多いもの。梅雨の蒸し暑さで疲れやすくなっているのか、夏バテなのか、悩む人も多いと思います。

ここでは、あなたの不調にもあてはまるかもしれない、低血圧と肩こりの関係について解説します。

「夏バテ?」と思うかもしれませんが、血圧が関係していることがあります。

気温が上がり始める頃から、夏の暑い時季にかけて、特に体調が悪くなることがあります。そのような原因として考えられることの1つに「低血圧」があります。低血圧は、病気が原因のもの、寝た状態から立ち上がるとおこるもの、原因不明のものとに区別されています。

その中でも、肩こり、頭痛、めまい、疲労感に関わるのは、原因のはっきりしない低血圧です。低血圧でも、つらい症状がなければ問題ないと言われていますが、症状がある場合は病院で診察を受けましょう。診察を受け、病気が潜んでいなかった場合は、次の症状のチェックをしてみてください。

いくつ当てはまる? 低血圧の症状

原因のはっきりわからない低血圧を「本態性低血圧(ほんたいせいていけつあつ)」といいます。血圧を測定した時に上の数値(収縮期血圧)が100~110mmHg以下の場合に低血圧と言われています。本態性低血圧の場合は100mmHg未満が多いようです。このような血圧の時に見られる症状があるのですが、いくつあてはまるでしょうか?

1. 肩こり・頭痛・めまいなどの症状がある

2. 食事の量が少なく、たくさん食べると胃がもたれやすい

3. 姿勢を良くしても、肩がこりやすく、目も疲れやすい

4. 手足が冷える

5. 身体がだるく、疲労しやすい

6. 寝つきが悪い・朝なかなか起きられない

血圧が低くて、あてはまるものが1つ、または複数ある場合、それは、低血圧による体調不良かもしれません。

気温が高くなると、どうして肩こりになるの?

重要視されている血圧の上の数値は、何を表しているのでしょう? それは、心臓が縮み血液を全身へ送り出す時に、血管の壁にかかる圧力です。この時、大きな圧力がかかるのですが、低血圧の場合は、この押し出す力が弱く、血管への圧力も低いということなのです。

肩こりになりやすいのは、血液の流れる力が弱く、血行が悪くなる傾向にあり酸素も行きわたりにくくなるためです。気温が高くなると、身体の血管が広がるのですが、広がった血管に対して血液の流れる力が弱いため、さらに血行不良となり、肩こりや倦怠感などの症状が強くなることがあります。

低血圧のツライ症状をやわらげるポイントとは?

「え? こんなこと?」と思うほど耳慣れた内容なのですが、低血圧の人は、とくに取り入れていただきたいポイントです。

■1. 身体を冷やさず、温めよう!

・冷房をつけたまま眠らないようにしましょう

・寝る前に部屋を冷やす、または扇風機で空気を循環させるのもよいでしょう

・食事制限などでのダイエットは避け、たんぱく質もしっかり摂りましょう。栄養バランスが大切です!

■2. 夜更かしはしないようにする

・眠る直前には、脳も体もリラックスできているようにしましょう

・早めの時間帯に布団に入るように心がけると、起床が楽になっていきます

■3. 日常生活の中で、身体を使ってみよう

・エスカレーターではなく階段を使う

・ウインドウショッピングをして、楽しみながら歩く

・なるべく座りっぱなしにならないように、なるべく席を立つ機会をつくる

・テレビを観ながらストレッチ・足踏み運動をする

など

■4. 温めるからといって、無理な長湯はダメ

・入浴温度にも敏感なので、自分にとっての適温で、身体が調子の良い時間だけお風呂に浸かりましょう

■5. ストレスを上手に解消!

・ストレスがたまると、胃が不調になりがちな低血圧の人は、影響を受けやすいので注意が必要です

・ストレスは、体の力が抜けない状態をつくり、肩こりや頭痛の症状を悪化させることがあります

低血圧の症状は、生活のリズムやストレス、環境などに影響されやすいといわれています。肩こりや倦怠感が続くと、本人はツライのですが、周囲にはなかなか理解してもらえません。多忙な毎日だと、なかなか難しいのですが、なるべく上記のポイントを思い出して、低血圧の症状が出ないように心がけましょう。

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon