古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

低迷フジ“報道失格”の烙印押された生野陽子アナは週末に降格……抜擢の椿原慶子アナは下半身が心配?

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/08/22
© Cyzo 提供

 視聴率が低迷するフジテレビが改編期となる10月から、報道番組を大幅に刷新することがわかった。 

夕方の『みんなのニュース』(月曜~金曜午後4時50分~)では、メーンキャスターの生野陽子アナが降板。代わりに、ベテランの島田彩夏アナが起用され、伊藤利尋アナと“実力派コンビ”を結成する。 

モデルでタレントの市川紗椰がメーンキャスターを務めている深夜の報道番組『ユアタイム』(月曜~木曜午後11時30分~/金曜午後11時58分~)は、9月いっぱいで終了。10月から新たな報道番組が立ち上がり、その司会は椿原慶子アナ(月曜~木曜)と、6月にタレント・陣内智則と結婚した松村未央アナ(金曜)が担当する。サブキャスターとして、「2012ミスター東大」グランプリに輝いた新人のイケメンアナ・安宅晃樹が起用される。 

また、週末の報道番組もリニューアル。『新報道2001』(日曜午前7時30分~)は『みんなのニュース』に移動する島田アナに代わって、佐々木恭子アナが担当となり、須田哲夫アナとタッグを組む。『みんなのニュースWeekend』(土、日曜午後5時30分~)は、佐々木アナに代わって、生野アナと野島卓アナが担当する。 

大きな変革は、“夕方の顔”が生野アナから島田アナに代わり、“夜の顔”が市川から椿原アナに代わる点だ。 

生野アナといえば、かつてはバラエティ番組を中心に担当し、同局ではカトパンこと加藤綾子アナに次ぐ人気女子アナだった。しかし、14年9月より、『みんなのニュース』の前身番組『FNNスーパーニュース』のメーンキャスターとなったが、その人気は急降下した。同月に同期入社の中村光宏アナと結婚した影響もあるだろうが、バラエティ色が消えず、報道では苦労した印象が強い。今回、平日から週末に移動という形になるが、この担当替えは、“夕方の顔”として、事実上“失格”の烙印を押されたも同然だ。 

一方、“夜の顔”に抜擢を受けた椿原アナは、現在『みんなのニュース』と『Mr.サンデー』に出演。チャラいイメージのあるフジの女子アナの中では、珍しい硬派の知的美人で、新たな“報道のエース”として期待が懸かる。ただ、心配なのは、その下半身事情だ。

「椿原アナはお嬢様育ちですが、ああ見えて肉食系。これまでにも、同僚の谷岡慎一アナ、一般男性との熱愛が報じられたり、合コン現場の写真を撮られたこともあります。昨年には同僚で既婚者の木村拓也アナと、深夜まで2人きりでバーで過ごした様子が報道されました。報道キャスターである以上、脇の甘さは致命傷にもなりかねません」(スポーツ紙記者) 

椿原アナは独身であるから、恋愛は自由。だが、あまりにも奔放な男性関係が報じられたり、既婚者に手を出したりしたら、報道キャスターの座は降りるしかない。デートするときは、くれぐれも、しっかりガードしてほしいものだ。

(文=田中七男)

※画像=フジテレビアナウンサー公式サイトより

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon