古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/28
光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ! © KADOKAWA CORPORATION 提供 光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ!

インテル Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)Intel Inside 圧倒的なパフォーマンスを
 軽さと頑丈性、長時間駆動、そして性能のすべてを追求したレッツノートシリーズ。着脱式のタブレットPCとなる「XZシリーズ」、コンパクトで約750gと軽量な「RZシリーズ」、14型の大型液晶を採用した「LXシリーズ」など多くのモデルをラインナップしているが、とくに人気が高いのが、光学式ドライブを搭載しながら約1kgと軽量な「SZシリーズ」だ。  SZシリーズは、モバイルに十分な小ささと見やすさを両立した12.1型液晶ディスプレーを備え、メインPCとしても十分なパワーをもつCore i5/i7を採用したモデル。  同じSZシリーズの中でも、光学式ドライブを省いて約849gの軽さを実現したモデルから、LTEを内蔵して屋外でも自由にネットに接続できる高性能モデルまで、用途に合った多彩なモデルが用意されているのが特徴と言えるだろう。 カスタマイズレッツノート15周年施策で理想の1台となるハイスペックSZ6が誕生!  レッツノートシリーズは店頭でも販売されているが、より好みのスペックやデザインでも購入できるよう、2002年から「マイレッツ倶楽部」でカスタマイズモデルの販売が開始された。  このカスタマイズモデルではCPUの変更、ストレージやメモリーの増量、OSの変更、カラー変更など、店頭モデルにはない仕様で購入できるとあって、多くのユーザーから支持を得てきた。  そんなカスタマイズレッツノートが15周年を迎えた今年、満を持して「スペシャル」な特別仕様モデルとして送り出すのが、軽量&頑丈&光学式ドライブ内蔵という、実にレッツノートらしい特徴を備えた「SZ6」。  CPUにCore i7-7600U vPro、メモリー16GB、1TB SSD×2、BDドライブを搭載した構成は、15インチの高性能ノートを余裕で上回るスペックだ。 モバイルPCではほとんど見ることがなくなった光学式ディスクドライブ。しかも、スペシャル仕様のSZ6は、より大容量なデータを格納できるBlu-ray Discの読み込み・書き込みが可能 2コア4スレッド、最大3.9GHzと高クロックでパワフルなCore i7-7600U vProを採用。メモリーもモバイルPCとしては破格の16GB搭載 モバイルPCではほとんど見ることがなくなった光学式ディスクドライブ。しかも、スペシャル仕様のSZ6は、より大容量なデータを格納できるBlu-ray Discの読み込み・書き込みが可能 2コア4スレッド、最大3.9GHzと高クロックでパワフルなCore i7-7600U vProを採用。メモリーもモバイルPCとしては破格の16GB搭載  さらに天板には特別な「Full Star Black(フルスターブラック)天板」を採用するなど、中身も外観もプレミアムな仕様となっている。この天板は遠くから見れば光沢のあるブラックにしか見えないが、光を当てて近づいて見ると、赤や青、白などの色がきらめき、星空やオパールを彷彿させる美しさがある。  派手な主張ではないが、わかる人にはわかるという奥ゆかしさのある部分が、頑丈性や実用性を重視するレッツノートらしさを表しているといえるだろう。 強い光をあてると赤や青、白などがきらめく特殊な天板を採用。落ち着いた美しさがある 強い光をあてると赤や青、白などがきらめく特殊な天板を採用。落ち着いた美しさがある 超軽量なのに長時間のバッテリー駆動が可能バッテリーパック(S)でも、映画2本を余裕で連続再生できる  SZ6の特徴といえば、1kg前後ながら光学式ドライブを内蔵しているということ。カスタマイズレッツノートなら、DVDマルチだけでなくBDドライブも選べるため、好きな映画を高画質でどこでも視聴できるようになる。 バッテリーパック(S)を装着した状態での実測で、1024g。ハイスペックな構成でも、これだけ軽い BDドライブは円形のタッチパッドの下に装備されている。手前に出てくるので、新幹線の狭い机の上でもジャマにならない バッテリーパック(S)を装着した状態での実測で、1024g。ハイスペックな構成でも、これだけ軽い BDドライブは円形のタッチパッドの下に装備されている。手前に出てくるので、新幹線の狭い机の上でもジャマにならない  とはいえ、BDを再生するには常時回転させておく必要があるため、電力消費もかなり多くなってしまう。いくらBDが再生できるといっても、バッテリーがもたなければ使いたくても使えない。  そこで、バッテリーパック(S)を装着し、約2時間BDを再生してどのくらいバッテリー容量が残っているのかをチェックしてみた。  せっかく映画を見るというのに液晶の輝度を抑えた暗い画面で見るのはナンセンスなので、液晶の輝度は100%に設定。消費電力をわざと高くしたテストだ。  約2時間の映画を1本再生し切ったところで、バッテリー残量を見たところ、残りの容量は59%という結果だった。BDドライブを常時使いながら、半分も減ってないという結果に驚いた。  単純に計算すれば、バッテリーが切れるまで再生できる時間は約5時間。東海道新幹線でいえば、東京駅から山口県の新下関まで移動できる時間だ。これだけバッテリーに余裕があるなら、残量を気にすることなくBDが楽しめる。  さらに、長時間視聴したいというのであれば、容量が1.5倍になるバッテリーパック(L)もあるので、こちらをカスタマイズで選ぶといいだろう。 約2時間の映画を再生した後でも、まだ59%もバッテリーが残っていた。BDで再生していたとは思えないほど多い。 約2時間の映画を再生した後でも、まだ59%もバッテリーが残っていた。BDで再生していたとは思えないほど多い。  もうひとつ実利用を想定したバッテリーテストとして、フリーソフトの「BBench」を使い、1分間に1回ウェブページを巡回するテストを実行してみた。  こちらは比較対象として、約2年前のモデルとなる「CF-SZ5YDKPR」(SZ5)を用意。CPUにCore i5-6200U、メモリー4GB、750GB HDDを採用したモデルだ。バッテリーパック(S)を装備している。 液晶の輝度を50%にし、1分に1回ウェブページを巡回するテストを実行。ドライブの自動停止など、省電力機能はすべて切っている 液晶の輝度を50%にし、1分に1回ウェブページを巡回するテストを実行。ドライブの自動停止など、省電力機能はすべて切っている  結果は上のグラフを見てわかるとおり、SZ6のカスタマイズモデルが1時間以上も長く動作した。CPUは高速となるが世代がひとつ新しいこと、また、HDDではなくSSDを採用しているといったことから有利な結果となったようだ。  バッテリーパック(S)を使っても、1日の標準的な業務時間を余裕で超えるというのが心強い。とくに屋外へと持ち出すことが多いのであれば、長時間駆動と軽さを両立しているレッツノートSZ6は強い味方となってくれるだろう。 Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 インテル Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)Intel Inside 圧倒的なパフォーマンスを
どこでも使えるLTE通信に対応高速&大容量のリッチなストレージ構成  モバイルPCに必要なことといえば、「軽さ」と「長時間駆動」がまず最初にくるが、「通信環境」も忘れてはいけない部分だ。  SZ6は有線LANに対応し、本体にアダプターなしで直接LANケーブルを差して使えるほか、IEEE802.11a/b/g/n/acの無線LANに対応。社内や出張先であれば、環境によらずいつでもLANへ接続できるのがいいところだ。では、屋外はどうだろうか。 データSIMが使える国内SIMフリー仕様最大300MbpsのLTE通信で屋外でもネットにつながる  カスタマイズレッツノートなら、大半のモデルでLTE通信機能を追加できるのが魅力だ。対応する通信網はドコモのLTEなどとなり、データ契約したSIMはもちろん、多くの格安データSIMも利用できる。  SZ6の場合、装着できるSIMサイズはもっとも小さいnanoSIM。SIMスロットはバッテリーの奥にあるので、一旦電源を落とし、バッテリーを外してから装着しよう。  SIMを差してから起動するとAPN設定が可能となるため、あとは各データSIMに合わせた設定を行えばオーケーだ。 バッテリーを外した奥に、SIMスロットを装備。サイズは小さなnanoSIMとなる 使用するデータSIMに合わせてAPNなどの通信設定を行なえば、屋外でもネットに接続できるようになる バッテリーを外した奥に、SIMスロットを装備。サイズは小さなnanoSIMとなる 使用するデータSIMに合わせてAPNなどの通信設定を行なえば、屋外でもネットに接続できるようになる  確実に使えるデータSIMが欲しいというのであれば、接続確認済みとなっているパナソニックストアの「Wonderlink」がオススメだ。  申し込める通信プランは4シリーズ10プランあるが、パソコン専用プランとなる「Wonderlink LTE Aシリーズ」がオススメ。3GBで月額889円のエントリーから、7GBで月額1960円のレギューラーコース、1GB/週で月額1000円のウィークリーコースと、多彩なプランが低価格で用意されている。  各プランのデータ容量超過後も384kbpsでつながるので、完全に途切れてしまわないというのもうれしいポイントだ。  なお、2017年12月12日13時までの間、Wonderlinkでは「ネット接続がついてるキャンペーン」を実施。カスタマイズレッツノートの2017年秋冬モデルのLTE対応機種を購入した人は、初期費用が0円、月額費用も最大3ヵ月間0円となる。詳しくはキャンペーンページを見て欲しい。 1TB×2のSSDで容量不足の心配はもういらない!SDカードリーダーは高速な「UHS-II」に対応  最近では多くのノートPCでSSDが採用されているが、SZ6もその例外ではなく、SSD搭載モデルが用意されている。カスタマイズレッツノートの15周年記念モデルではこれをさらに1歩進め、大容量1TBのSSDを2台内蔵。合計2TBという、HDDモデルを超える大容量を実現している。  2台のSSDはどちらの性能もほとんど同じで、シーケンシャルではリード/ライトどちらも毎秒500MBを超え、さらにランダムでも毎秒300MB前後とかなり速い。  ソフトの起動やデータの保存、読み込みで待たされることがないため、快適にPCが利用できること間違いなしだ。もちろん、衝撃や振動にも強いので、交通機関での移動中や屋外での利用でも安心できる。  もうひとつストレージ関係で忘れてはいけないのが、SDメモリーカードリーダーの速度。せっかく高速なSDメモリーカードを使っていても、カードリーダーが遅ければその実力を発揮できないからだ。  とくに、最近はデジカメでもRAWデータで撮影する人が増えており、データ量は大きくなっている。1度の撮影で数GBどころか数十GBといったサイズになることも珍しくない。  SZ6が搭載しているSDカードリーダーは、UHS-IIに対応した高速なもの。そうではないカードとどのくらい速度が変わるものか、UHS-IIに対応した64GBのSDメモリーカード(RP-SDZA64GJK)を使って試してみよう。 SZ6の内蔵SDメモリーカードリーダーは従来より高速な「UHS-II」に対応している SZ6の内蔵SDメモリーカードリーダーは従来より高速な「UHS-II」に対応している  SDメモリーカードにRAWとJPEGファイルを合計約8.1GBぶん(944ファイル)コピーし、このSDメモリーカードから、内蔵のSSDにファイルをすべてコピーするのにかかった時間で比較した。 SDカードは同じなのに、カードリーダーによってこれだけコピー時間に差がでていた SDカードは同じなのに、カードリーダーによってこれだけコピー時間に差がでていた  結果は上のグラフのとおりで、UHS-Iにしか対応していないカードリーダーと比べ、UHS-IIに対応しているSZ6のカードリーダーでは1.7倍以上も高速にコピーできた。  同じファイルのコピー時間でこれだけの差が出るというのは驚きだ。別途カードリーダーを用意することなく、高速に写真をコピーできるのはありがたい。 Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 インテル Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)Intel Inside 圧倒的なパフォーマンスを
パフォーマンスに優れた高いスペックさらにデザイン性を追求した天板も用意  カスタマイズレッツノートの魅力は、店頭モデルにはないハイスペック構成にできること。その中でも特にうれしいのが、高速なCPUを選択できることだ。CPUは購入した後で換装することができないだけに、高性能なモバイルノートが欲しい人にとって重要なポイントとなる。  また、15周年記念天板としてコラボ天板が選べるのもカスタマイズモデルのいいところだろう。個性的なデザインのPCを探しているのであれば、必ずチェックしておきたい。 Core i7-7600U vPro&16GBメモリーを搭載メインPCにもなるパフォーマンスの高さが魅力  15周年記念モデルのSZ6が搭載しているCPUは、ノート向けのCore i7-7600U。2コア4スレッドのCPUながら通常2.8GHz、ターボブースト時には最大3.9GHzという超高速で動作するCPUだ。  これに加え、16GBのメモリーと1TBのSSD×2を搭載しているとなれば、そのパフォーマンスがどのくらいなのか気になってくるのは当然だ。そこで、先述のバッテリーテストでも比較候補とした、約2年前に登場した「CF-SZ5YDKPR」と性能を比べてみよう。  まずは、全体のパフォーマンスを「PCMark 10」でチェック。このベンチマークは実ソフトを使い、「Essentials」「Productivity」「Digital Content Creation」の3ジャンルの性能を調べ、PC全体のパフォーマンスを数値化してくれるものだ。数値が高いほど性能が高くなる。この結果を比べてみよう。  CPU性能に差があるだけでなく、ストレージがSSDとHDDという違いがあるため、スコアーの差は圧倒的だ。  細かなテストごとのスコアーを見ると、CPU性能が重要となるDigital Content Creationで3割、SSDの効果が高くなるEssentialsでは7割近くもスコアーがアップしている。カスタマイズされたSZ6がどれだけ高性能なのかがわかるだろう。  もうひとつ実際のテストとして、動画に関するもので比較してみよう。といっても、本格的に動画編集をするにはモバイルノートは不向きだし、そもそも、それほど多くの人が動画編集をするのかといえば答えはノーだ。  ただし、PowerPointのプレゼンテーションを動画にして公開するといった、資料の活用での動画作成は意外と機会が多いのではないだろうか。そこで、PowerPointのビデオ作成機能を使い、プレゼンテーションを動画化するのにかかる時間で性能を比べてみた。 PowerPointのエクスポートから「ビデオの作成」機能を使用。動画化するのにかかる時間で性能を比較した PowerPointのエクスポートから「ビデオの作成」機能を使用。動画化するのにかかる時間で性能を比較した  使用したのは、サンプルとして用意されている「PowerPointへようこそ」というファイル。これに画面切り替え効果としてワイプを追加し、動画化してみた。 CPUの性能差が作成時間に大きく影響。Core i7-7600U vProを搭載するSZ6が圧倒的に速い CPUの性能差が作成時間に大きく影響。Core i7-7600U vProを搭載するSZ6が圧倒的に速い  作成にかかる時間は7割程度に短縮されていることがわかる。CPU性能の差が大きく出るため、こういった作業が多いならCPUが高速であればあるほど快適に使えるようになるだろう。 200台限定のフルスターブラックとは別に和の伝統技法を採用したコラボ天板を用意  カスタマイズレッツノートで変更できるのはスペックだけでなく、天板やキーボードの色などもその対象。普段からスモーキーピンクやディープネイビーなどの色が選べるが、15周年記念として伝統画材専門ラボ「PIGMENT」とコラボレーションした天板が選択可能だ。  PIGMENTは、ラボ、ミュージアム、アカデミー、ショップと4つの機能を備えた複合クリエイティブ機関。  顔料や古墨などの画材と、墨流し、破墨、スキージ、グラスストローク、クラッキングなどさまざまな技法が組み合わされた模様の天板は、いままでのPCにはない、新鮮なデザインとなっている。個性的な1台にしたいと考えているなら、選んでおきたい天板だ。 個性豊かなデザインのコラボ天板が選べるのも、15周年記念の魅力。気に入ったデザインがあれば、選んでおきたい 個性豊かなデザインのコラボ天板が選べるのも、15周年記念の魅力。気に入ったデザインがあれば、選んでおきたい Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 インテル Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)Intel Inside 圧倒的なパフォーマンスを
 ここからは、レッツノートの店頭モデルを中心に2017年夏モデルからのアップデート内容をモデルごとに紹介していく。  パナソニックストアで扱うカスタマイズレッツノートは、前述の限定天板やLTEの有無だけでなく、ストレージ、バッテリーサイズなどを細かくカスタマイズできる。一方で、これら店頭モデルは、販売店に在庫があれば即日持ち帰り、すぐに使い始められる点が魅力だ。ぜひ、必要に応じて使い分けてほしい。 店頭モデルでも800万画素の背面カメラ付きモデルが選べる「レッツノート XZ6」 レッツノート XZ6 レッツノート XZ6  レッツノート唯一の着脱式2in1モバイルPCである「XZ6」には、800万画素の背面カメラを搭載した店頭モデルが登場。  プリインストールのカメラアプリ「Panasonic PC Camera Utility」を利用することで、撮影した文字やバーコード/QRコードなどを読み取ることが可能。会議の資料のスキャンやメモ用途に大活躍するだろう。 レッツノート XZ6(店頭モデルのスペック) レッツノート XZ6(店頭モデルのスペック) ブラックカラーモデルが拡充された14型PC「レッツノート LX6」 レッツノート LX6 レッツノート LX6  14型の大型ディスプレーを搭載した「レッツノート LX6」の店頭モデルはいわゆる高性能機であるブラックカラーモデルが拡充。Core i7-7500Uおよび128GB SSD+1TB HDDを搭載するモデルのほかに、性能を確保しながら価格を抑えたCore i5モデルもブラックカラー仕様になっている。 レッツノート LX6(店頭モデルのスペック) レッツノート LX6(店頭モデルのスペック) 最新のWindows 10 Creators Update適用の「SZ6」と「RZ6」 レッツノート SZ6 レッツノート RZ6 レッツノート SZ6 レッツノート RZ6  本記事でも紹介した軽量&光学式ドライブ付きノートPC「レッツノート SZ6」とフリップ式の2in1 PC「レッツノート RZ6」については、大きな変更はないものの(カスタマイズレッツノートでは、SZ6のみLTE搭載の有無が選択できるようになった)、他2シリーズと同様に最新のOSである「Windows 10 Creators Update」が適用された状態で出荷される。  Windows 10 Creators Updateでは3Dデータが扱えるようになった新しいペイントソフト「3D Paint」や高解像度ディスプレーでの表示の改善など、多くの改良が施されている。買ってすぐ最新の機能に触れられるというのは大きな魅力だ。 レッツノート SZ6(店頭モデルのスペック) レッツノート RZ6(店頭モデルのスペック) レッツノート SZ6(店頭モデルのスペック) レッツノート RZ6(店頭モデルのスペック) ■関連サイト パナソニックストア カスタマイズレッツノート15周年スペシャルサイト Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ!

光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon