古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

写真で解説する「Xperia A2 SO-04F」

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/23 21:45 ITMedia
写真で解説する「Xperia A2 SO-04F」: 「Xperia A2 SO-04F」。ボディカラーはOrange、Lavender、Gray Black、Whiteの4色展開 © ITMedia 提供 「Xperia A2 SO-04F」。ボディカラーはOrange、Lavender、Gray Black、Whiteの4色展開

 NTTドコモが「Xperia Z2 SO-03F」と同時に発表したソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia A2 SO-04F」。

 機能面では2013年12月に発売された同じ4.3型液晶のコンパクトな「Xperia Z1 f SO-02F」とあまり違いはないが、2013年春モデルだった「Xperia A SO-04E」からの変更点は多い。Xperia Aやその前の機種からの乗り換えを考えているなら、購入の検討に値する機種だろう。というわけで、初代Xperia AとXperia A2を比べながら紹介してみよう。

 まずXperia Aの4.6型HD液晶と比べ、Xperia A2の画面は4.3型HD液晶と小さくなった。解像度はHD(720×1280ピクセル)で変わっていない。フィーチャーフォンからの乗り換えで初めてスマホを使う場合はちょうどいいかもしれないが、すでに4型オーバーのスマホを使っている人からすると、Xperia A2の画面サイズは小さく感じるだろう。

 ただそのおかげで、Xperia A2は本体サイズが小さくなり、Aよりも高さで3ミリ、幅は2ミリ小さく、厚さも0.7ミリ薄くなった。重さは3グラム軽くなり、片手操作を重視しているという。発表会の説明員によると「ポケットからパッと取り出せて操作できる」ことを考えているとのこと。カラーバリエーションは4色あるが、これらも日常で使うことを意識した色とのことだ。

 なおXperia Aのボディはラウンドフォルムで背面に膨らみがあり、Xperia A2もラウンドフォルムを継承している。しかしXperia Aよりもフラットになっており、サイドの角の丸みを強くすることで、手にフィットする形状になっている。

 またディスプレイもXperia Aの「Reality Display」から、Xperia Z1 fと同じ「トリルミナスディスプレイ for mobile」になった。説明員によれば4.3型であればHD解像度でも十分キレイで、フルHDにすると消費電力が若干大きくなるため、あえてHDのままにしたという。

 本体サイズは65(幅)×128(高さ)×9.7(奥行き)ミリ。重量は138グラム。OSはAndroid 4.4を採用、プロセッサは2.2GHzのクアッドコア、メモリ関連はストレージが16Gバイト、メインメモリが2Gバイト。また外部メモリとして最大128GバイトまでのmicroSDXCに対応している。フラッグシップモデルのXperia Z2に対し、Xperia A2はミドルレンジモデルのためかスペックや機能などが比較的抑えられている。

 LTEは下り最大150Mbps/上り50Mbpsに対応したが、残念ながらVoLTEには非対応となる。Xperia Aで非対応だった無線LANのIEEE802.11acには対応した。

 今回ドコモが発表した新機能では、ニンテンドー3DSとWPSで接続する「かんたんテザリング」に対応。もともとこの機能が「テザリングってなに?」という初心者向けとのことでXperia A2の対象ユーザーにも重なるだろう。なお、プリインストールはしていないので、Google Playかdメニューからインストールが必要だ。また「H.265/HEVC」の圧縮方式にも対応しているため、dアニメストアから短時間で作品をダウンロードできる。

 急速充電はXperia Aと同様に対応しているが、今夏モデルから始まる「急速充電2」には非対応。バッテリー容量は2300mAhとXperia Aと変わらないが、バッテリーの着脱はできなくなった。ただし、「STAMINAモード」と非常用の節電機能として「緊急省電力モード」が加わり、省電力設定の選択肢が増えている。

 緊急省電力モードはその名の通り、災害などで充電ができない場合に、使えるアプリを通話、メール、SNS関連といった連絡手段と、情報収集用のブラウザなどに限ることで、バッテリー消費を抑えるモード。Xperia A2の場合、再起動して元のUIに戻る。

 このほか日本向け機能を確認すると、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能、おサイフケータイに対応しや。ワンセグはXperia Aにあった内蔵アンテナが無くなり、外付けアンテナケーブルが必要になっている。また赤外線通信は非対応だ。

 説明によればワンセグを非対応にするという考えもあったそうだが、東日本大震災以後の日本では、たとえ外付けであっても最低限対応しておいたほうがいい、との考えに至ったという。赤外線通信は使用頻度が少なくなり、デザインの制約も増えるということで省いたとしている。

 カメラはXperia Aの1310万画素と比べれば2070万画素と大幅にスペックアップ。撮像素子はフラッグシップと同じく、コンパクトデジタルカメラ級の1/2.3型の大型CMOSセンサーだ。レンズもGレンズを採用している。もっともこの点はXperia Z1 fと同じともいえる。インカメラも220万画素となった。

 カメラのソフト面では、プレミアムおまかせオートや、ARエフェクト、タイムシフト連写など最近のXperiaでおなじみの機能が使え、数秒間の動画を撮影して投稿する「Vine」といったカメラアプリも最初からインストールされている。さらに、カメラの機能をユーザーが追加できる「プラスアプリ」にも対応した。ただし4K動画の撮影には対応していない。

 日本語入力システムはPOBox TouchからXperia Z2などと同じ「POBox Plus」へと進化した。これまで長押しで呼び出していたキーボードサイズの変更がワンタッチでできるなど操作性を向上。キーボードサイズの変更やキーボードの収納時にアニメーションを入れることで、「どんな操作をしたか気付くようにしている」とのこと。これで間違った操作をしても、自分が何をしたかわかりやすく、スマホが初めてという人にはありがたいだろう。

 フィーチャーフォンからの乗り換えユーザーを意識したのか、短縮ボタンがあるケータイ風なユーザーインタフェースの「シンプルホーム」も用意されている。また、Xperiaならではの音楽プレーヤーアプリ「WALKMAN」も当然プリセット済みだ。

 フラッグシップモデルのXperia Z2ほどスペックがとんがっているわけではなく、「Xperia A2ならでは」という部分はコンパクトなボディくらいだろうか。しかし最初のスマホ、手頃に買えるスマホと考えれば、必要条件を十分に満たしている万人向けの1台ではないだろうか。

[小林誠,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon