古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

前代未聞! 巨大な女の子の体を登るVRゲーム なぜ開発?

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/04/29
前代未聞! 巨大な女の子の体を登るVRゲーム なぜ開発?: VR HMDを装着し、ハイハイしている記者 © ITmedia NEWS 提供 VR HMDを装着し、ハイハイしている記者

 巨大な女の子の体をハイハイして登る――VR(仮想現実)空間でそんな体験ができるデモンストレーションが、ドワンゴのイベント「ニコニコ超会議2017」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)に出展されている。

 「目の前に大きな女の子がいる感覚は初めてだった。足元から見上げると、パンツが見えているのに欲情することなく『あ、すごい。デカい』と圧倒された」――開発者がそんな感想を漏らす、前代未聞のVRコンテンツ。なぜ開発したのか。

●「女の子の体を登る」アイデア、なぜ生まれた?

 開発したのは、ゆるUnity電子工作部という同人サークル。ユーザーがVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」を装着し、ハイハイの姿勢になると、巨大な少女を足元から見上げたような光景が見えるように。そのままハイハイして前に進むと、少女の巨体を下から登っていく映像が楽しめる。

 体験ブース内には2カ所にセンサーが設置され、ユーザーの動きをトラッキング。進んだ距離を感知し、女の子のどの位置まで登ったか、VR映像に反映する仕組みになっている。

 「女の子の体を登る」というアイデアは、なぜ生まれたのか。「(実際の姿勢とは違うのに)VR映像が原因で、背中側に重力を感じたら楽しい」――ゆるUnity電子工作部の宍戸拓躍さんは、そう狙いを話す。「体験した人が不思議な感じと話すのが面白い」(宍戸さん)。

 展示には間に合わなかったが、VR HMDとは別に後頭部に電極を取り付け、電気刺激を与えることで平衡感覚を狂わせ、重力を感じさせる――という仕掛けも考えていたという。宍戸さんは「次回は、平衡感覚なども感じられるハードウェアとも組み合わせたい」と話し、視覚情報だけに限らないVRコンテンツを模索するという。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon