古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

前作を超えるラブシーンも? 『フィフィティ・シェイシズ・ダーカー』本予告編

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/15 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 ELジェイムズ原作の映画化『フィフティ・シェイズ・ダーカー』より本予告映像が公開された。 参考:動画はこちらから  本作は、全世界興収5億6千万ドル以上という記録を打ち立てた2015年公開の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の第2章。前作で互いに惹かれ合いながらも別れてしまった、若き起業家グレイと女子大生のアナが、様々なものに遮られながら真実の愛を探し求める姿を描く。  前作に引き続き、アナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェイミー・ドーナン、新キャストとして、グレイをSMの世界にひき込み“育てた”女主人・エレナ役を、『L.A.コンフィデンシャル』のキム・ベイシンガーが務め、監督は、前作のサム・テイラー=ジョンソンから代わり、『パーフェクト・ストレンジャー』や海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン1~2』のジェームズ・フォーリ-が務める。また、テイラー・スウィフト、元ワン・ダイレクションのゼイン・マリク、ホセ・ジェイムズなどミュージシャンたちが本作に楽曲提供を行っている。  この度公開された本予告映像では、「戻って欲しい」というグレイの台詞から始まると、エレベーターやシャワー室など、グレイとアナの前作以上と思われるラブシーンが映し出されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon