古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

前場の日経平均は小幅続落、円高で主力輸出株が売り優勢

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/17

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比15円66銭安の1万9713円62銭となり、小幅続落した。7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、当局者が低調なインフレを憂慮している状況が示され、ドル安/円高が進行。主力輸出株や金融株など大型株は売り優勢となった。

TOPIXも小幅続落。セクター別では、鉱業が下落率のトップ。保険、食料品がこれに続いた。半面、海運、鉄鋼、石油・石炭が堅調。

東証1部の売買代金は8813億円と低調で、きょうも大引け時点で活況の目安である2兆円を下回る公算が大きい。

前場の日経平均は小幅続落、円高で主力輸出株が売り優勢 © REUTERS 前場の日経平均は小幅続落、円高で主力輸出株が売り優勢

市場では「FOMC議事要旨では物価が上がらないことが懸念され、年内利上げシナリオが後退、日本株にはマイナスだ。トランプ大統領の助言組織解散は、同氏の議会との対立が深まり米債務上限問題への対処が難しくなるのではという見方もできる。北朝鮮リスクも予断を許さない状況で、(株価は)来週一段と下振れするリスクは高い」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニア投資ストラテジスト鮎貝正弘氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1128銘柄に対し、値下がりが746銘柄、変わら ずが147銘柄だった。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon