古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北朝鮮の核実験、水素爆弾と仮定=米軍高官

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/14
3日に行われた北朝鮮の核実験、水素爆弾と仮定=米軍高官 © REUTERS) 3日に行われた北朝鮮の核実験、水素爆弾と仮定=米軍高官

[オファット空軍基地(米ネブラスカ州) 14日 ロイター] - 米戦略軍のジョン・ハイテン司令官は14日、北朝鮮が3日に行った核実験について、水素爆弾によるものと仮定していると述べた。

北朝鮮は3日、水素爆弾実験を行い成功したと発表していたが、米国はこれまで種類の特定を避けていた。

しかし、同司令官は記者団に「軍高官として推測する義務がある」とし、爆発規模に基づけば「(実験が)水素爆弾によるものだったと仮定している」と述べた。

そのうえで、「同盟国とともに適切な対応を探る必要がある」とした。また、「これだけの規模の兵器がもたらす破壊や被害の大きさを想定すると、大いに憂慮すべきことだ」と強調した。

一方、北朝鮮は核弾頭の運搬が可能な信頼性のある大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有していることをまだ実証していないと指摘。ただ、ミサイル発射実験のペースを踏まえると、「それができるかどうかの問題ではなく、いつ達成するかが問題」となる段階にあるとも述べた。

ハイテン氏は、米国の核抑止力に自信を表明。

「戦略軍が敵国による米国への核兵器での攻撃を抑止する能力があるかと言えば、その通りだ。われわれの対抗策が自国全体の破壊につながることを、彼らは分かっているからだ」と語った。

*内容を追加しました。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon