古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北朝鮮への独自制裁、深堀りし厳しく行うことが大事=菅官房長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/22

[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の会見で、北朝鮮が21日にも弾道ミサイルを発射したことについて、日本独自の制裁措置を「深堀りし、厳しく行っていくことが大事だ」との考えを示した。

菅官房長官は北朝鮮が発射した今回のミサイルについて「今年2月12日に発射されたのと同一の新型弾道ミサイルだった可能性が考えられる」と指摘。詳細を分析中だとした。

北朝鮮への独自制裁、深堀りし厳しく行うことが大事=菅官房長官 © REUTERS 北朝鮮への独自制裁、深堀りし厳しく行うことが大事=菅官房長官

さらに「北朝鮮の核開発やミサイルを阻止するため、外貨収入を減少させるとともに、核・ミサイル関連の貨物や技術の移転を防止することも重要だ。国連安保理決議の実効性確保とともに、わが国独自措置の実施をこれからも徹底していきたい」と述べた。

また国連安保理で強いメッセージを発出するよう、米韓と緊密に連携して協力していくほか、「影響力のある中国、ロシアに対しても(協力を)広げていきたいと思っている」と語った。

(石田仁志)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon