古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北朝鮮問題、互いに拳下ろすには交流が必要=猪木参院議員

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/11

[東京 11日 ロイター] - アントニオ猪木参院議員は11日、北朝鮮問題について、お互いに振り上げた拳を下すには、話し合いや人の交流が必要だと語った。北朝鮮から同日帰国し、羽田空港で会見した。

6日に出発、11日に帰国した今回の北朝鮮訪問で、朝鮮労働党副委員長のリ・スヨン氏と8日に会談。猪木氏によると、同副委員長は核開発に関し、「米国や国際社会が圧力をかけ続ける限り、われわれは実験を続けて、より高いレベルのものにしていく」と語ったという。

北朝鮮問題、互いに拳下ろすには交流が必要=猪木参院議員 © REUTERS 北朝鮮問題、互いに拳下ろすには交流が必要=猪木参院議員

猪木氏は、日本の議員団の訪朝を提案。北朝鮮側から前向きな反応があったという。また、来月開催する自身の生前葬に北朝鮮側を招待したいと要請したほか、スポーツ外交として、師匠である故力道山氏のひ孫などを招待したいとの考えも示した。

「(こうした交流が)お互いに振り上げた拳を下げるきっかけになればいい」としたうえで「個人的な見方かもしれないが、(北朝鮮側も)話し合いをしたい意向を持っている」と語った。

北朝鮮は3日、6回目の核実験を実施。国連安全保障理事会は、北朝鮮への追加制裁措置について、11日午後にも採決を行う見通しだ。ただ、拒否権を持つ常任理事国のうち中国とロシアが賛成するかどうかは不明。

(伊賀大記)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon