古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北海道・沿岸バスが今年も 6シーズン目

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/01 毎日新聞
Photo: 6シーズン目を迎えた留萌、宗谷管内の沿岸バスの「萌えっ子フリーきっぷ」のデザイン © 毎日新聞 6シーズン目を迎えた留萌、宗谷管内の沿岸バスの「萌えっ子フリーきっぷ」のデザイン

 北海道の留萌、宗谷管内で路線バスを運行する「沿岸バス」(本社・羽幌町)が1日から、主要路線が乗り放題になる今年度の期間限定切符「萌えっ子フリーきっぷ」を売り出す。切符にあしらった「萌え」系のかわいい女の子のキャラクターが全国で人気を呼んでいる。

 6シーズン目の今回も、デザインは札幌市在住の漫画家、佐倉はなつみさんが担当。今シーズンの新キャラクターとして、中学生の「武蔵堆まりん」とフェリー会社事務員の「天羽みなと」が登場。過去のシリーズで人気だった「清川ありあ」と「増毛智恵理」の2人も加わった。いずれも地元の地名にちなんで命名され、職業や性格など遊び心を刺激するよう細かく設定されている。

 豊富、羽幌の2町や留萌市などを結ぶ主要バス路線が乗り放題となる従来の1日券(2370円)はキャラクターを変えて2種類にし、2日券(3290円)と天売、焼尻両島や豊富温泉の滞在者向けのワイド2日券(3290円)も発売する。切符の提示で羽幌沿岸フェリーの羽幌−焼尻・天売路線の運賃の1割引きや温泉施設の日帰り入浴料の割引などの特典もある。

 同社の営業所や首都圏のキャラクターグッズ販売店などで発売。問い合わせは同社(0164・62・2051)。【横田信行】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon