古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

南軍の将軍像を夜間に撤去、米ボルティモア市がデモ回避で

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/17

[17日 ロイター] - 米メリーランド州ボルティモアで16日未明、南北戦争で奴隷制度維持を掲げた南軍の4つの記念碑が撤去された。バージニア州では先に白人至上主義者らと反対派の衝突で死者が出たが、こうした事態を避けるため、未明に短時間で解体したという。

南軍の将軍像を夜間に撤去、米ボルティモア市がデモ回避で © REUTERS 南軍の将軍像を夜間に撤去、米ボルティモア市がデモ回避で

記念碑は南軍のロバート・E・リー将軍とストーンウォール・ジャクソン将軍の像で、ボルティモア美術館に隣接する公園から撤去され、トラックで運び去られた。

ボルティモア市のピュー市長は、市当局が「素早くひそかに」撤去することを決めたとし、南軍の像がある都市は暴力沙汰が起きることを懸念していると語った。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon