古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

原油先物が5%近く下落、OPEC協調減産延長に失望感

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/25

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日米国時間の原油相場は5%近く下げた。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの産油国がこの日、協調減産の9カ月間延長で合意したことで、より大幅な減産を期待していた投資家の間に失望感が広がった。

北海ブレント原油先物(7月限)(LCOc1)の清算値は4.6%安の1バレル=51.46ドル。

米国産標準油種WTI先物(7月限)(CLc1)の清算値は4.8%安の同48.90ドル。今週初めて50ドルの大台を割り込んだ。

双方とも、この日の下落率は3月8日以来の大きさとなった。

来年3月まで9カ月間の減産延長はおおむね市場の予想通りだが、OPECが減産幅拡大もしくは12カ月間の延長に踏み切らなかったことが失望を誘った。

25日のWTI先物の出来高は110万枚。OPEC総会で8年ぶりの減産が決まった昨年11月30日以来の高水準を記録した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon