古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

吉高由里子と松山ケンイチが涙する姿も 『ユリゴコロ』特報映像&ティザービジュアル

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/04/28 10:00 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 吉高由里子が主演を務める映画『ユリゴコロ』より、ティザービジュアルと特報映像が公開された。  本作は、2012年大藪春彦賞を受賞した沼田まほかるによるベストセラー同名小説を、『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督が実写化した恋愛ミステリー。“いのちの拠りどころ”である“ユリゴコロ”が、主人公・美紗子をはじめとする登場人物たちにもたらす運命を描く。主演を務める吉高のほか、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチらが出演。  このたび公開されたティザービジュアルには、「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」というキャッチコピーとともに、美紗子(吉高由里子)が大罪を背負い、宿命に囚われたゆえの美しくも儚い表情を浮かべた姿が捉えられている。  一方の特報映像には、「人殺しが、人から愛されてもいいのだろうか。」と美紗子が口にするシーンから始まり、とある一家で見つかったノートに記された、断片的な記憶を収録。美紗子と洋介(松山ケンイチ)との出会いや、無表情で何かを振り下ろす美紗子、「あなたの優しさには、容赦がありませんでした。」という映像内で唯一発せられる台詞とともに涙するふたりの姿などが収められている。なお、特報映像は、昨年9月から10月に撮影が行なわれた、“過去パート”のみで構成されているとのこと。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon