古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

咳が長引く… 病院に行くべきタイミングはいつ?

All About のロゴ All About 2017/05/18

咳の原因を特定するのは困難ですが、治療が必要な病気が潜んでいる可能性もあります。長引く咳を放置してはいけません。 © AllAboutMedical 提供 咳の原因を特定するのは困難ですが、治療が必要な病気が潜んでいる可能性もあります。長引く咳を放置してはいけません。

2週間以上続く咳には要注意!

一言で咳と言っても、咳の原因となる病気を特定するのは意外と難しいもの。

埃を吸い込んだ時や、喉に異物感がある時に咳が出るのは、病気とは関係のない生理的な現象ですが、病気が原因となって咳が長引く場合があります。よくあるのは、一般的なかぜ症候群。かぜをひいた後、解熱後に咳だけがしばらく残った経験がある方は多いでしょう。また、花粉症をはじめとするアレルギー反応として咳が続くことも考えられます。

いずれにしても、あまりに長期間続く咳症状には注意が必要。咳が2週間以上続く場合は、まずは内科の受診をおすすめします。喘息の始まりということもありますし、咳の原因がマイコプラズマ肺炎という可能性もあるからです。

マイコプラズマは培養が難しく、抗体検査も偽陽性が多いので確定診断が困難なケースもあります。しかし、マイコプラズマに有効な抗生物質を投与して症状が緩和すれば、結果的に咳の原因がマイコプラズマの可能性が高いということになります。また、病院でマイコプラズマと診断されれば、抗生物質により適切な治療を受けることができます。結核だけでなく、マイコプラズマも感染力が強いので、咳が長引く場合は放置せず、適切な検査を受けるようにしましょう。

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon