古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

国外逃亡の汚職容疑者数が大幅減少=中国監視機関

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/25

[北京 25日 ロイター] - 中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会(CCDI)は25日、国外に逃亡した汚職容疑者の数が、過去4年間で大幅に減少したと明らかにした。

CCDIによると、2014年に国外に逃れた当局者は101人だったが、15年には31人に、16年には19人に減少したという。

CCDIは減少の理由として、当局者へのパスポート発行の厳格化や海外への資金移動の制限を挙げた。

中国当局は15年に、汚職容疑者100人のリストを公表した。多くが米国、カナダ、オーストラリアに居住しているとした。

CCDIによると、これまでに40人が中国に帰国した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon