古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

壮絶な過去がトラウマに!? 「人間として」発言を連発する華原朋美に心配の声

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/23 Cyzo

 フットボールアワーの後藤輝基、チュートリアルの徳井義実、モデルのSHELLYがMCを務め、毎回共通点を持つ3人のゲストが登場する『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)。22日の放送では、本上まなみ、河北麻友子とともに華原朋美が「まっすぐな女トリオ」として登場した。

 収録前、初対面の徳井に対して突然「紗栄子さんのお家には行ってるんですか?」と以前の熱愛報道に触れたという華原。徳井は「この人なんなんだろう」と動揺したようだが、その後も、後藤が河北に話をふったにもかかわらず、横からしゃべり出してしまうなど、独自の世界観を見せていた。

 華原は最近、観葉植物と会話しているといい、それについて「神聖な話ですよ」と説明。以前、元気がなくなった観葉植物に「ごめんね、こんなふうにさせちゃって。私が忙しいせいだよね」「でも、今日はたくさんいいお水飲んでね」と世話をしたら、「うん、わかった。元気になるね」と本当に元気になったという。その様子をスタジオで実演した華原は「でもさ、最近さぁ、私ちゃんと人間として認められるようになってきたよ」「だってさ、この間もさ、ATMに行ったらちゃんとお給料入ってたよ」と語りかけながら水をあげ、後藤から「カウンセリング受けますか?」と心配されていた。

 また、チワワを2匹飼っているという華原は、「この10年で人間がダメになったり生き返ったり」を繰り返してきたといい、「いろんな波を、チワワにも味あわせてしまった」「チワワに申し訳ない」とペットに謝罪した。華原は2007年に芸能活動を休業して12年に復帰したが、「給料がもらえない時期が長かったので、復帰してから自分の口座に給料が入るのが異常にうれしいんですよ」と現在の気持ちを説明。復帰後は自分の将来について大切に考えるようになったといい、「昔は散々なことをやってきたわけですよ」と一回の買い物で「100万、200万とか平気な顔して」使っていたことを明かした。

 休業中に運転免許を取得したが、その際「人生で一番勉強して」学科試験で100点を取ったという華原。「免許って国で認めてもらえることじゃないですか」「人間として認められたい時期だったんですよ」と、とにかく何かで自分の存在を確かめたかったようだ。

 さらに、「一人でできること」に「韓国旅行」を挙げた華原は、「一人旅って、人として強くなったみたいな感覚にしてくれる」と語り、「自分が成長していくための道なんだって思えることが大事」と力説。そんな華原に、ネット上では「精神面が心配になる」「メンヘラ臭がハンパない」「大丈夫か?」という声が上がっている。

「小室哲哉プロデュースで90年代中盤にシンデレラガールとして輝いた華原ですが、小室と破局後は休養や事務所移籍を繰り返すなど、不安定な状態が続きました。急性薬物中毒で緊急搬送され、家族に閉鎖病棟へ強制入院させられたこともあり、そこから考えれば復帰は“奇跡”ともいっていいほどの出来事です。昨年12月の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で小室と15年ぶりに共演した際は、演奏後の小室に駆け寄って突然謝罪と感謝を告げるなど、突飛な行動は彼女の魅力でもありますが…。活動休止中は海外で自分磨きをしていたことを明かしているだけに、その頃自己啓発的な考えが生まれたのかもしれませんね。ただ、観葉植物に話しかける姿を見ていると今後、スピリチュアルにハマっていきそうな気もしますが…」(芸能ライター)

 番組では、「料理本の分量が2人前からしかない」を悩みにあげるなど、現在独り身であることも強調していた華原。昨年11月に明治天皇の玄孫にあたる作家の竹田恒泰氏からアプローチされていることを明かしていたが、その竹田氏は先日、元AKB48の畑山亜梨紗との交際が報じられた。それを受けて、ブログで「本当にがっかりしてました。あの出来事はいったいなんだったんだろうね(笑)」とコメントしており、フィリピンに滞在していることも一部で“傷心旅行”と報じられた。3月にはカバーアルバムをリリースするなど歌手活動を再開させているだけに、帰国後は元気な姿を見せて心配の声を吹き飛ばしてほしいものだが…。(文=津本ひろとし)

※イメージ画像:『DREAM~TOMOMI KAHARA CONCERT 2013~』ユニバーサルミュージック

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon