古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

声優は演技賞の対象とすべき? 傑作アニメ続出の2016年、各映画賞の結果を踏まえて

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/17 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 1月16日に発表された日本アカデミー賞をはじめ、各映画賞の結果が明らかになってきた。2016年の日本映画界は、近年稀に見る元気の良さを見せた。その中心を担ったのが、もはや国民的映画となった新海誠監督の『君の名は。』。興行収入は232億円を突破し(1月15日時点)、依然として興行ランキングでも上位につけている異例の事態だ。 参考:『この世界の片隅に』のんに今年の最優秀主演女優賞を! 演技を支える「こころの遠近法」  一方、老舗雑誌・キネマ旬報のベストテン日本映画第1位には『この世界の片隅に』が輝くなど、興行的な面でも、批評的な面でも、2016年はアニメーション作品の力を見せつけた象徴的な1年となった。  一昨日に発表された日本アカデミー賞の結果をふまえ、ライター/ノベライザーの相田冬二氏に昨年の日本映画界を振り返ってもらった。 「日本アカデミー賞でも最多11部門を受賞した『怒り』は、マンネリ化した日本映画界のキャスティングの中で、オールスターキャストによる俳優陣の底力を見せるという明確な意志があると、作品を観る前から感じていました。渡辺謙を中心に、妻夫木聡、綾野剛、宮﨑あおいといった面々が非常にいい演技を見せてくれましたし、撮影や美術などの技術面でも、評価されて然るべき見ごたえのある映画だったといえるでしょう。ほか、日本アカデミー賞では『シン・ゴジラ』も役者賞で3名が優秀賞を受賞しています。一方で、そうした意欲的なキャスティングの実写映画でさえ、『君の名は。』には興行面では圧倒的な差を付けられてしまった。その事実は受け止める必要があるのではないかと」  特に各映画賞で発表された演技賞に対し、相田氏は疑問を投げかける。 「興行成績がすべてというつもりはまったくありません。しかしながら、『君の名は。』があれだけ多くの人に受け入れられたわけですから、その主演声優を務めた神木隆之介と上白石萌音、2人の“演技”が評価されてもよかったのでは。加えて『この世界の片隅に』ののんも素晴らしい演技を披露していました。キネマ旬報ベストテンで、『この世界の片隅に』は映画作品として実写と同じ括りで1位となり、片淵監督も監督賞に輝きました。しかし、この2賞に関しては実写とアニメーションを分けていないのに、なぜか声優は演技賞の対象になっていません。その事実に対して、もっと多くの人が疑問を持ってもいいんじゃないかと感じます」  2013年に公開された映画『her/世界でひとつだけの彼女』のスカーレット・ヨハンソンも、米アカデミー賞で、声だけの演技でノミネートされるか否かで議論が起こり、最終的には対象外となった。 「日本だけに限らず、世界的に観ても実写の芝居とアニメーションの芝居を同一に評価しているケースはまだほとんどありません。しかし、これだけ優れた作品と演技が生まれているので、そこに境界線を設けてしまうのはもったい無いと、個人的には感じます。実写作品とアニメーション作品で明確な区別をするよりも、“映画作品”としてフラットに見ていく。そうした方が、実写作品とアニメーション作品が互いを補完するように、より良い作品が生まれる土壌が育まれる可能性もあるのでは」  2017年も大根仁監督による映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』など、話題のアニメーション作品が公開を控えている。相田氏が投げかけた疑問の通り、今後、演技賞の評価基準は変化していくのだろうか。(石井達也)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon