古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

売り逃げ騒動、「VALUが当初から関わっていた」ヒカル氏が主張 VALUは反論

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/09/05
売り逃げ騒動、「VALUが当初から関わっていた」ヒカル氏が主張 VALUは反論: 動画より。ヒカル氏、いっくん氏、ラファエル氏 © ITmedia NEWS 提供 動画より。ヒカル氏、いっくん氏、ラファエル氏

 8月下旬に起きた「VALU」の“売り逃げ”騒動について、人気YouTuber・ヒカル氏が9月4日、経緯を説明し、謝罪する動画をYouTubeに公開した。動画でヒカル氏は、ファンや関係者に謝罪しつつ、今回の企画には「VALUが当初から関わっていた」と主張。騒動の責任を取り、無期限で活動を停止すると発表した。

 VALUはこの動画について「当社の言及に不適切な点があった」と反論する文書を4日付で公開。ヒカル氏の所属事務所から事前に相談を受け、VALUの仕組みを事務所に説明したことなどは認めたが、「ヒカル氏らによる大量売却について、当社は関知・関与していない」と主張している。

●ヒカル氏「当初からVALUと連携していた」と主張

 VALUは、個人が「VA」と呼ばれる模擬株式を発行し、個人から資金を調達できるサービス。

 ヒカル氏と、同じ事務所「VAZ」に所属するいっくん氏、ラファエル氏はそれぞれ、期待をあおって自らのVA価格をつり上げた後、手持ちの全VAを投げ売りして数千万円の相当の利益を得た。投げ売り前には、ヒカル氏らのマネージャー・井川氏が3人のVAを売り抜けており、「詐欺的では」「インサイダー取引では」などと批判を浴びた。

 ヒカル氏は9月4日に公開した動画で、金髪だった髪を黒く染め、スーツを着て、ラファエル氏、いっくん氏と並んで登場。何度も頭を下げ、ファンや関係者に謝罪しつつ、紙に書かれた文書を読む形で、これまでの経緯を説明した。

 ヒカル氏の説明によると、企画の出発点は「ヒカル、ラファエル、いっくんで、VALUの価値を競い合うYouTube企画をしたい」との考えだったという。当時3人はVALUの知識がほとんどなかったが、既にVALUに参加していた井川氏と、所属事務所であるVAZの従業員、それに「VALUと密につながっている2人」が、「アドバイザーのように関わっていた」という。

 ヒカル氏は「当初からVALUと連携し、企画が盛り上がるよう準備していた」と主張。その証拠として、「VALUに頼み、最初に設定した優待を消すことができた」ことを挙げた。また、「井川さんが僕たちのVALUを最初に購入し、高くなったら売っても問題ないことは、アドバイザーに確認しており、ダメなこととは認識していなかった」と話した。

 企画は、当初考えていた「3人がVALUで人気を争う」内容から、「全員でVAを売り、まとまった金額になったらYouTubeの企画で使う」という形に途中で変更。3人はVAを売ることにしたという。ヒカル氏としては「VALUのサービスの中でできることをしているだけ」で、「(お金を)だまし取ろうとしたと言われるとは、当時、誰も思っていなかった」と釈明。ただ「知識不足だった」と謝罪した。

●VALUは反論 「事前に相談は受けたが、売り逃げには関わっていない」

 VALUはヒカル氏の主張に「誤解を与えかねない不適切な点があった」とし、反論する文書を4日付で公開。「ヒカル氏らによる大量売却について当社は一切関知および関与していない」と主張した。

 文書によると、VALUは、ヒカル氏らの所属事務所・VAZから事前に「VALUに人気YouTuberをアサインできないか」と相談を受けたという。VALUはVAZの関係者にVALUの仕組みを説明したり、優待の内容について議論したことも「事実」と認めた。

 その一方で、「ヒカル氏らによる大量売却その他の投稿内容やTwitter上での発言等について、当社は関知・関与していない」と、“売り逃げ”への関与を否定。また、同社はVAZの関係者としか連絡を取っておらず、ヒカル氏らと直接やりとりしたことはないという。

 VALUが企画に関わっていた証拠としてヒカル氏が挙げた、「最初に設定した優待を、VALUに頼んで削除してもらった」という事実も「ない」と反論。ヒカル氏が事前に設定していた優待について、VAZから削除依頼を受けたのは「事実」と認めたが、「VALU売り出し前でVALUERも存在しなかったため、他の利用者と同様、優待を無効化するために、優待の期日を変更する対応を行った」とし、特別な対応や、削除などは行っていないと説明した。

●ヒカル氏は無期限活動停止へ

 ヒカル氏によると、ヒカル氏らとVAZとの話し合いは現在「法律問題に発展している」状況。このため、VAZから「発言しないでほしい」と言われており、8月末ごろから無言を貫いていたが、「ファンにこのまま偽り続けることが耐えきれなくなった」とし、経緯を説明する動画を公開したいう。動画の公開は、ファンや家族を守るための「保身」だと話している。

 今後ヒカル氏は「無期限で活動休止」にするという。また、VAZがヒカル氏らとともに立ち上げ、3人が所属している事務所「NextStage」は解散。ヒカル氏は「ここまで大きな騒動になった背景には、僕たちの普段からの行動や言動が攻撃的で、不必要に敵を作ってしまうような活動だった」と反省を述べ、「僕たちの今の精神状態はとても活動できる状態ではなく、それらも踏まえて休止します」と話している。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon