古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

女子“赤面必至”のVRコンテンツ KDDIが高速バスで提供

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/08/31 20:12
女子“赤面必至”のVRコンテンツ KDDIが高速バスで提供: WILLER代表取締役の村荑茂高氏(前段左)とKDDIビジネスIoT企画部部長の原田圭悟氏(前段右)、ライブバスVR第一弾に選ばれたDISH//メンバー © ITmedia PC USER 提供 WILLER代表取締役の村荑茂高氏(前段左)とKDDIビジネスIoT企画部部長の原田圭悟氏(前段右)、ライブバスVR第一弾に選ばれたDISH//メンバー

 KDDIと高速バス事業などの移動ソリューションを提供するWILLERは8月31日、高速バスで移動しながらVRコンテンツを体験できる新サービスを発表しました。WILLERの運行するライブ会場直行バスの車内で、アーティスト出演のVR映像を楽しめる「ライブバスVR」を提供します。

 VRコンテンツの第一弾として、人気急上昇中の5人組ダンスロックバンド「DISH//」を起用。2018年元日に日本武道館で行う単独ライブへのオフィシャルバスツアー車内にて、限定VRコンテンツを配信します。実際に体験しましたが、ニヤつく顔が抑えられないくらいの刺激的な内容でした。

●赤面必至のVRコンテンツを体験してみた

 ライブバスVRでは、乗車時に1人1台「ハコスコ(通常版)」が渡され、乗客は自身のスマートフォンを装着してコンテンツを楽しむことができます。バス1台につき1台の「ハコスコDX2」も用意しており、希望者は順番に最新VR機器を使って映像を体験できます。

 コンテンツはメンバーとの「雑談」編など4パターン。おまけ編はVRの臨場感を生かし、メンバーに「だーれだ?」をされるというファン垂ぜんものの仕上がりになっています。

 まずゲスト登壇したDISH//を代表して、矢部昌暉さんが北村匠海さんの「告白」編を体験。初めてのVR映像に、「これすごいですね! となりに匠海がいて、ボソボソ声なのでドキッとしてしまいます」と大興奮です。

 私も体験会で早速「告白」編を試したところ、左耳から北村さんが話しかけてきました。声のする方向を向くと、目の前に北村さんの顔が。イケメンに接近されるだけでもドキドキしますが、左を向いたままいろいろ話をしていると(向こうが話しかけてくる)、私をまっすぐ見て告白してくるではありませんか!

 あまりのリアルさに思わず頬が緩み、「あっ、いやあ、アハハ……」とニヤついていると、映像は終了。VRゴーグルを取ると現実に引き戻され、一人下心丸出しの表情になっていたことに赤面が止まりませんでした。体験中の顔、他人に見せられないよコレ……!

 今回は女性をターゲットにした内容のため、女性が座った目の高さにVRカメラを設置。また左右の耳からの音を再現するため、バイノーラル収録を行い臨場感を出したそうです。さらに、あえてバスのエンジンを入れた状態で撮影し、よりリアルな映像に仕上げました。

 北村さんは「長旅を快適にしてほしいので撮影しましたし、世界初の試みなので楽しんでいただけたら」とアピール。しかしなぜVRコンテンツをバスツアーで導入することになったのでしょうか?

●なぜライブバスでVRなのか?

 高速バス「WILLER EXPRESS」は、年間約70万人がコンサートやイベントのため利用してきました。2010年からは、グッズのプレゼントや限定DVDの放映など、オリジナル特典のついたライブ会場直行バス「ライブバス」を運行しており、約1万人の移動をサポートしています。

 このようにライブ会場まで移動できるバス車内は、VRコンテンツに最適。ゆっくり座って安全に視聴できるほか、同じ趣向のファンが集まることで、一体感を持ってコンテンツを楽しむことができます。VRの細かい(しかし重大な)課題である「体験中の姿がさらされる恥ずかしさ」も、同じファンが集まるバス車内ならあまり気にせずすむでしょう。

 バスでの視聴となると車酔いが気になるところですが、「ヘッドセットの選定など気をつけたが、配信まであと3カ月あるため、撮影方法含めて改善していく」(KDDIビジネスIoT企画部部長原田氏)とのこと。

 2018年には、バスツアーでの映像体験を20コンテンツほど開発していく計画です。今回はアーティストを採用しましたが、今後はKDDIとWILLERグループが連携し、観光誘致や地方活性化を目指していくそうです。ライブだけでなく、スポーツ観戦のバスツアーなど、さまざまなジャンルで応用できそうなVR体験の活用サービスでした。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon