古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

女子情シスはリア充? 30人に聞いて分かった、仕事へのホンネ

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/03/21 15:59
女子情シスはリア充? 30人に聞いて分かった、仕事へのホンネ: 情シス女子会の司会は俺情でLTデビューを果たしたモモコさんと、Gaiaxの情シス女子、エリさん © ITmedia エンタープライズ 提供 情シス女子会の司会は俺情でLTデビューを果たしたモモコさんと、Gaiaxの情シス女子、エリさん

 31人中21人が情シスという仕事に満足しており、32人中15人が「出会いがある」と回答。残業が多いという回答は34人中7人にとどまり、27人中15人が「定時に帰れてリア充」と感じている――。3月16日、ジョーシスとGaiaxが行った「情シス女子会」で、こんな“女子情シスの実態”が明らかになった。

 情シス女子会は、情報システム部門で働く女性たちの交流を支援するイベントで、開催するのは今回が初めて。初回にもかかわらず、30人超の“女子情シス”が集まった。イベント中には投票形式のQ&Aセッションが行われ、女子情シスのリアルに迫る質問が投げかけられた。

 情報システム部門のスタッフと聞いて思い浮かぶのは、「仕事が終わらぬ夜のオフィスで涙を流し、暖房の切れた深夜はサーバルームで暖をとり、みんなに“やって当たり前”と思われ、褒められもせず……」といった大変そうな姿。しかし、イベントに参加した女子情シスの皆さんは、そんなイメージとはほど遠いようだ。

●情シスは女性に向いている?

 なぜ、女性は情シスとしていきいきと働けるのか――。その答えは、ライトニングトークに唯一の男性として参加したガイアックスの情シス、kaito氏の話がヒントになりそうだ。

 kaito氏は、ライトニングトークで「情シスが女性にぴったりな理由」を説明。1つは、情シスの仕事はタスクのタームが短いため、「時間にシビアなママ社員にぴもったり」という点だ。

 情シス部門に配属される前は、「今日中にこれを作らなければ帰れない、ということが3カ月続くような部署」に所属していたkaito氏によると、情シスの仕事は1つ1つのタームが比較的小さく、30分から2〜3時間で終わるタスクが多いという。「案件にもよるが、半年単位のようなタスクは、まれです」(kaito氏)

 ほうっておくとタスクがどんどんたまっていくので、段取りよく仕事をこなすことが求められるものの、細切れのタスクなので時間の管理をしやすく手離れもよいので、子育て中の人にはうってつけだという。

 もう1つは、情シスが女性なら現場の女性社員が気軽にITについて相談しやすくなる、という点だ。

 やはり情シス部門に女性がいると雰囲気がやわらかくなるし、難しいITの話も同じ女性なら相談のハードルが下がるのではないかというのがkaito氏の見方。「ITの相談が増えればこれまで見えなかった問題が顕在化し、議論も活発になって社内が変わるはず」(kaito氏)。そうなれば女子情シスも、より仕事にやりがいを感じられるのではないか、というわけだ。

●今後も情シスを続けたい人は……

 さて、女子情シスの皆さんは、“情シスとしての将来”をどう捉えているのだろうか。投票形式のQ&Aで、「これからも女子情シスでいたいかどうか」を聞いたところ、意外なことに「続けたい」という回答は31人中14人と半数を割り込む結果となった。

 その原因と思われるのは将来のキャリアに関する質問。「不安はあるか」という質問にイエスと答えたのは34人中21人と、半数以上が不安を覚えていることが分かった。

 情シスの仕事はキャリアアップにつながるのだろうか。kaito氏がライトニングトークで述べた“キャリアアップ視点の情シスのメリット”は、「社内の全ての部署と関係することから、会社の全体像を把握できるようになり、そこから専門分野を目指す道が開ける」というものだ。

 「技術職と総合職の両面に関わる仕事なので、技術をつきつめればエンジニアを目指せる。また、チームを横断して関係者とコミュニケーションする能力や調整力が磨かれるので、総合職へのキャリアも開ける。会社に必要とされる存在になれるはず」(kaito氏)

 果たしてこのkaito氏の言葉は、女子情シスの不安を和らげることができたのだろうか。次回の情シス女子会のQ&Aセッションで、その結果が明らかになるはずだ。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon