古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

家庭用NASと企業用NAS、決定的な違いは

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/02/03
家庭用NASと企業用NAS、決定的な違いは: 画像:ITmedia © ITmedia エンタープライズ 提供 画像:ITmedia

 今回は、企業で使うNAS(Network Attached Storage)にはどのような機能が付加されているかをご説明します。

●NASとは何か

 NASは、LANに接続して利用する外付けHDDです。NASと表記して「ナス」と読みます。外付けHDDは1対1ですが、NASはLANのネットワークに接続して、そのネットワークに参加している各デバイスからのアクセスが可能な点が大きな特徴です。

 家庭内やオフィス内にある複数のPCやスマホなどの機器を、LAN経由でNASに接続し、ファイルのバックアップや共有などに利用します。

 ただ、USBを介して直接PCに接続する外付けHDDなどと違って、使いこなすのなかなか難しい代物ではあります。外付けPCと同じように捉えられることもありますが、実質的に、NASはファイルサーバであり、ファイルの置き場に特化したコンピュータという位置付けになるでしょう。

 設定は比較的高度で、NASに画面をつないで直接設定や制御をするのではなく、ネットワーク越しに行うため、通常の外付けHDDのようにすぐに使える、というわけではありません。

 デジタルデータが主流の現代では、NASの需要は以前に比べて高まっており、製品によっては盗難・紛失対策として、データをHDD内で暗号化して保存するものもあります。

●家庭用NASの用途と選び方

 そんなNASは、大きく分けて家庭用と法人用が存在します。

 家庭用のNASは、ストレージ機能に加え、プライベートの写真や動画を管理したり、音楽サーバ代わりに使えたりと、多彩な機能を持っています。

 最近は家庭内でも、個人でPCやタブレット、スマホといった複数のデジタルデバイスを使い分けることが普通になってきました。こういった状況からも、NASのような独立型の集積場所が便利になってくるというわけです。

 例えばスマホの記憶容量には一定の限度があるため、NASにデータを保存すれば、スマホ内の記憶容量を効率良く利用できます。

 PCについてもHDDの空きスペースは人それぞれでしょう。大量のデータを所有し、空きスペースがほとんどない人もいれば、データ保存はほとんどしておらず、HDDにかなり空きがあるという人もいるでしょう。NASがあれば、それぞれの状況を考慮しつつ、各人が必要に応じてスペースを使うとことができるます。

 まだ家庭でNASを利用している人は多くはありませんが、利用するのであれば、動画などのファイルサイズの大きなものをメインに扱うのに便利でしょう。

 家庭用のNASを選ぶ際は、その用途を具体的に想定して機種を絞り込むようにしましょう。

 例えばテレビ番組の録画データが多数あり、さまざまなデバイスで視聴したいという場合、HDDレコーダーとしての機能は当然のことながら、そこからダビングを行うため、DTCP-IPという規格を有している必要性があります。選定対象のNASがそれに対応していれば、Blu-rayディスクやDVDへのデータ保存も可能なため、動画をさらに楽しむこともできます。

 なお、NASは内部で頻繁にデータの書き換えを行うため、騒音が気になることがあります。その場合は、ファンレスで静音設計になっているものや、HDDではなくSSDを搭載するモデルなどを検討するとよいでしょう。

●企業用NASの用途と選び方

 NASは、「大量のファイルを安全に保管したり、複数人で共有したい」というニーズに応えられる情報集積スペースであり、当然ながら企業でも多く使われています。

 NASは、共有しているファイルに対するアクセス権限を詳細に設定できます。そのため、企業で利用する場合、部署ごとにファイルに対するアクセスを「閲覧のみ」「編集も許可」などと細かく指定することができます。

 なお、企業では、使う人数が問題になることが多いようです。従業員が多い企業の場合、1台のNASに多くのアクセスが集中することになるため、転送速度やパワーなどが求められます。

 また、大企業における大規模ネットワークでNASを利用する場合は、LAN配線用のハブとデバイスの台数分のLANケーブルが必須となります。

 ファイルの共有やバックアップ機能など、利用の幅がとても広く、使い勝手のいいNAS。家庭でも企業でも、1度使うとやめられなくなるほど業務効率が高まります。

■企業用NASに求められる機能

 企業で使うNASは、家庭用途とは異なり、多くの人で1台のNASを共有するため、特に以下の点が重要です。

・信頼性が高いこと

・管理がしやすいこと

・データが守られていること

・拡張しやすいこと

・特定用途に向いていること

 信頼性については、コンポーネントを冗長化することで、何かしらのハードウェア障害が発生しても、そのまま稼働し続ける仕組みをとることができます。2重化または3重化されているNASもあり、アクセスできないという事態を避けるように設計されます。

 管理のしやすさについては、ユーザー一人一人の使える容量(Quota)を設定したり、性能の上限を設けたり(QoS)することで、管理者が面倒を見なくても、ある程度ルールを守って利用できるような機能を備えていることが大事です。また、ユーザーのアクセス権限を管理できるツールなども必要です。

 データ保護については、データが消去・紛失した場合に元に戻せる機能が必要になります。スナップショット、バックアップ、レプリケーションなどを利用して、普段からデータを復旧させるプロセスを確立しておくことが重要です。さらにセキュリティ面も、企業使用では特に重要になります。

 拡張のしやすさについては、NASを動かし続けながら容量を増やす作業を行えるというのが、特に企業にとっては必要な機能でしょう。

 また、昨今、容量密度が上がっているHDDやSSDを有効に使わない手はありません。その容量を増やす作業も、できれば簡単に行えるのが良いでしょう。

■特定用途に向いたNAS

 複数の人が同じストレージにアクセスできるというイメージを、複数のアプリケーションや複数のサーバに置き換えることで、単なるファイル共有以上の用途が見えてきます。

 物理サーバに仮想環境を導入して、複数のサーバを仮想的に運用する場合、ハイパーバイザーがNASのプロトコル(NFSやSMB)に対応していれば、NASに仮想マシンのカプセル化したファイルを格納して運用できます。

 VMware ESX、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServer、Red Hat Enterprise Virturizationなどのメジャーなハイパーバイザーは、NASのプロトコルに対応しています。

 企業の共有ストレージでよく使われるブロックストレージの場合、仮想マシンのカプセル化したファイルがどのような挙動をしているかを把握することはできませんが、NASであれば、それぞれの仮想マシンの挙動を監視することが可能となります。

 例えばTintri VMstoreは、NASとしてサーバに接続し、ファイルを認識して仮想マシンの挙動を把握することも可能な仮想環境専用ストレージです。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon