古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

家庭的アピールは「サブリミナル戦略」が成功のカギ

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2017/08/24 MYLOHAS編集部
家庭的アピールは「サブリミナル戦略」が成功のカギ © MEDIAGENE INC 提供 家庭的アピールは「サブリミナル戦略」が成功のカギ

こんにちは、TETUYAです。今回のコミュニケーションのネタは、「家庭的サブリミナル戦略」です。何?何?そう、知らぬまに、潜在意識に、露骨ではなく、自然と「あなたが家庭的な女性だ」ということが、刷り込まれてしまう効果のことです。なんか面白そうでしょ?(苦笑)私は家庭的だと自負する人は、すごく参考になると思います。

男性が好きなタイプの鉄板は家庭的な人

男性から魅力的に感じる女性のタイプのひとつとして挙げられる、「お嫁さんにしたいタイプ」。これをブレイクダウンしていくと、「家庭的なひと」ということであり、「家のことがちゃんとできる人」という具合に落ちていきます。

家のことがちゃんとできるということは、スペックとして料理ができたり、掃除洗濯ができたりということになると思いますし、特に料理ができるということに関して、男性女性問わず、かなり自己PRとして使える強みであることには間違いありません。それを、初対面のコミュニケーションの中で、本当にできる人なのかどうかを、読み取ることはウォーリーを探すくらい難しい。

なぜなら、誰でも自分をよく見せたいから、「料理できるの?」の問いに、あまりできなくても、ついつい「まあ、ソコソコ」と、どっちともとれるアンサーをしてしまいがちです。今回は、初対面で、はっきりと「この子は料理ができる子なんだ」と、確信したエピソードを紹介したいと思います。

今日のネタ元=食材の相場を知っている女性

食材の相場を知っていた・・・。友人が主催したホームパーティーで、女性(Aさん)と私は、食材担当ということで、2人で近くのスーパーに買いだしにいくことになったんです。初対面だったため、僕は探り探り、その子との距離感を図りながら、会話することに。

いざ、スーパーに入ってから、彼女の家庭的な一面を発見することができた。それは、次のやりとりから。

TETUYA:「今日は鍋を作るから、まずは野菜コーナーへいこうか」

Aさん :「そうですね」

TETUYA:「鍋には、白菜は欠かせないよね」

野菜コーナーへ行くと...

Aさん :「ここの白菜、ちょっと高いですね・・、でも、大根はこの大きさなら安いかも...」

家庭的アピールは「サブリミナル戦略」が成功のカギ © MEDIAGENE INC 提供 家庭的アピールは「サブリミナル戦略」が成功のカギ スーパーに買い出しに行っただけなのに、Aさんは料理ができる子だということが、すぐにわかったんです。料理は作れるだけでもポイントは高いのに、こまめにスーパーに行っていないとわからない「食材の相場」というものが頭に入っていたから。

【今日のネタ】

家庭的アピールは、間接的な「サブリミナル戦略」で自然に!

「私料理できます!」のダイレクトアピールもアリだが、たまに、鼻につく感じになってしまいがち。ならば、戦略的に、食材の買い出しにいった際に、Aさんのような間接的に刷り込むほうが、よりいやらしくなく効果的かもしれません。きっと、その会話をしたあとに、男性から「料理とかよく作るんだ?」という、嬉しいアンサーが返ってくるはず(笑)。

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon