古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

小出恵介、現場でも10代女性ADに「お誘い」…20歳以下女性だけに「異常な執着」

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/11
© Cyzo 提供

 9日発売の「フライデー」(講談社)に17歳の女子高生との飲酒・淫行が報じられ、すでに所属事務所から無期限の芸能活動停止が発表されている俳優の小出恵介。事件の内容と、小出の爽やかな好青年というイメージとのギャップが世間を驚かせたが、テレビ局関係者は語る。

【詳細画像はこちら】 http://biz-journal.jp/2017/5/post_19417.html

「小出は普段の現場ではイメージそのままで真面目な好青年という印象ですが、酒癖が悪くタガが外れて手がつけられなくなるというのは業界では有名でした。酔った状態の小出が渋谷でナンパしている様子などが、よく目撃されています。また、20歳以上の女性にはまったく関心が持てないと自身でも周囲に話しており、美人の女性でも20歳以上だとわかった途端にまったく興味がなくなるそうです。逆にそれ以下の世代に関してはかなりストライクゾーンが広く、現場でも高校を卒業したばかりのような10代の女性ADなどにしばしば声をかけて、誘ったりすることでも知られていました」

 そんな小出の今回の事件を受け、小出の所属事務所であるアミューズは、小出に対してもっとも厳しい「契約解除」ではなく「活動停止」という処分を下しているが、その理由について別のテレビ局関係者は語る。

「アミューズは9日、マスコミ各社に『現在、専門家を交えて調査・分析を進めております』とのコメントを伝えており、今後新たな対応に出る可能性を匂わせています。同社としては、現段階では契約解除までの処分は必要ないと考える、なんらかの理由があるのでしょう。当然ながら将来的には小出を復帰させたいと考えているでしょうが、地上波のテレビは絶対に無理です。06年に淫行で逮捕された山本圭一が活動を再開したものの、いまだにテレビの地上波に本格復帰できない理由は、ひとえにスポンサーが山本の出演を許さないためですが、同じ理由で小出も今後テレビで活躍することはできないでしょう。せいぜい舞台などで細々と活動を続けるのが精一杯です」

●事務所の体質も遠因か

 また、小出を事件に走らせてしまった背景について、別のテレビ局関係者は語る。

「事務所は2006年に東証一部に上場して以降、海外志向も強く、古い体質をひきずる他の大手芸能事務所と一線を画し、進歩的で組織自体もしっかりした事務所です。そのため、所属タレントにとってはすごくいい環境である一方で、タレントに甘過ぎる傾向があります。タレントの意向を尊重するのはいいのですが、まだ社会的な常識も身についていない10代のタレントにまで、親世代のスタッフが異常なほどに気を遣うのです。 たとえば、アミューズが売出し中のある10代の女性タレントの取材時、タレントが少し眩しそうな表情をしただけで、年配のマネジャーが駆け付けるという、“姫と召使”のような関係性を目の当たりにしたことがあります。こうした扱い方をしていると、小出のように素直で真っ直ぐな性格のタレントも、勘違いして変わってしまう懸念もあります。もっとも、小出のような酒癖の悪さで有名なタレントは、事務所は日頃からそれ相応の管理をすべきだったでしょう」

 今後小出本人の会見が行われるとの報道もあるが、小出の口から何が語られるのかが注目される。

(文=編集部)※画像は小出恵介(写真:MANTAN/アフロ)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon