古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

小出恵介、17歳少女とのセックスは「覚えてない」!? 事務所の事情聴取で“否認”していた?

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/09
© Cyzo 提供

小出恵介、17歳少女淫行騒動の舞台裏――事務所の事情聴取に「覚えてない」「誘われた」と否認!?

 6月9日発売の「フライデー」(講談社)報道により、芸能活動の無期限停止を発表した小出恵介。同誌の発売前日、先駆けてマスコミ宛のFAXで「全てのご批判や処罰を真摯に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたいと思います」などと、謝罪に徹するコメントを発表したが、小出本人は所属事務所による事情聴取において、疑惑の一部を“否定”していたという。

 「フライデー」では17歳の少女が証言する形で、小出と酒席を共にした後、ホテルへ連れ込まれてセックスを強要されたことなどが伝えられた。小出は少女が17歳であることを理解していて、「狩野英孝と一緒やで」と言われても「わかってる」と答えたという。

「『フライデー側』は、小出の所属事務所・アミューズに対し、6日に事実確認を行いました。そしてすぐさま、アミューズでは、小出に対して事情聴取を行ったそうです」(テレビ局関係者関係者)

 要点となるのは未成年飲酒、そして18歳未満との性行為が事実かの確認だが、小出は「覚えていない」などと回答していたという。

「少なくとも飲酒は認めていたものの、自身も多量の酒を飲んでいたため、性行為に関しては『詳しく覚えていない』と繰り返し、ホテルへ向かったことについても『彼女から誘ってきた』などと回答したと聞いています。しかし、アミューズ側は関係各所に、『弁明の余地はない』と説明しているだけに、事実はどうあれ、小出を“見限った”ということなのかもしれません」(同)

 もはや真相は、小出と少女のみが知るところだが、当日の小出の言動は考えられないものばかりだろう。

「現にドラマやCMなど莫大な違約金が発生しているし、警察沙汰になってもなんらおかしくない話。どんな考えがあったとしても、かねてから素行不良で有名だったこともあるだけに、自業自得と言うしかありませんね」(同)

 FAXにつづられた反省の弁は、果たしてどこまで世間に伝わっているのだろうか。

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon