古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

小栗旬「サイコパスに憧れるところもある」 Huluオリジナルドラマ『代償』完成イベントレポ

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/17 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 Huluオリジナルドラマ『代償』の完成披露試写会が、11月16日にTOHO シネマズ 六本木ヒルズで開催された。本イベントでは、主演の小栗旬と共演の高橋努によるゲストトークが行われ、あわせて1話と2話が先行上映された。 参考:高梨臨、ハードな撮影現場で得たもの  11月18日から日米同時配信される本作は、作家・伊岡瞬の同名小説を映像化したクライムサスペンス、重度の強迫性障害を患う弁護士・奥山圭輔が、かつての友人でサイコパスの本性を持つ安藤達也の弁護を引き受けることになり、いままで目を反らし続けてきた過去と向き合っていく模様を描く。  本作で“精神の限界まで追い詰められた弱々しい男”役に挑戦している小栗。「精神安定剤を常用しているような役柄は初めてで、ありえないことが次々と起こっていくドラマなので大変でした」と撮影時の苦労を語った。小栗は、イベント前に行われた囲み取材でも「弁護士役を演じるのは初めてで、勉強させていただくことはたくさんあった。力が入っているのでぜひ観ていただきたい」と意気込みを述べていた。  一方、圭輔を追い詰めるサイコパス・達也を演じる高橋は、「最初に小栗から顔がサイコパスっぽいと言われました(笑)」とコメント。すると小栗は「はじめて会った時はこんなに目が開いてなかった。作品を重ねるごとに徐々に目が開いてきている気がします(笑)」と続け、会場の笑いを誘った。  圭輔と達也の心理戦を中心に物語が展開していく本作。撮影時のエピソードを尋ねられた小栗は、「撮影に入る前は2人で相談し合うことはありましたが、実際に撮影が始まってからは、それぞれ役作りをしながら、それが交わっていく感じでした」と説明し、高橋は「小栗は本当に追い詰められているようだった。待ち時間も普段の小栗とは違う感じがしたし、体もかなり絞っていたと思います」と撮影時の様子を明かした。  20代の頃から親交の深い2人は、お互い今回の共演に喜びを感じたという。小栗が「ここまでしっかりと共演するのは久しぶりですし、オファーををいただいた時に高橋努さんの名前が出てきて、すごく嬉しかったです」と述べると、高橋は「僕も嬉しかったのですが、顔合わせの時は照れくさかったです。でも、小栗が本読みに来た時はスターが入ってきたと感じましたね……ふたりで狭い部屋に煎餅布団を敷いて寝ていた頃とは違うんだなって(笑)」としみじみ語った。  作品の内容にちなみ、トークショーの中盤では、心理カウンセラーの晴香葉子氏による“サイコパス診断”が行われた。撮影するにあたってサイコパスの本を読んだという小栗。「その本の書いている内容には当てはまらなかったが、身近にいたら魅力的だろうし、少し憧れところもある」とサイコパスへの印象を語る。司会から「他人をコントロールするのは得意ですか?」と聞かれると、高橋は「僕は人を操るのは苦手だが、小栗に振り回されることがよくある」と小栗の意外な一面を告白。  続けて、「聞き役と話し役、どちらのタイプ?」という質問に対して小栗は、「お酒が入るとつい熱く語ってしまう。最近は、話す前に本当に話したいのか3回確認してるから話すようにしている」と明かした。全部で5つの質問に答えた結果、“サイコパス度”が高い傾向にあると診断された小栗。「読んだ本では全然当てはまらなかったのに」と小栗がコメントすると、高橋は「薄々そうじゃないかと思っていた。サイコパスは自分じゃ気付かないから」と冗談交じりにコメントした。  本作は、圭輔を支える恋人や、達也に操られる人々が繰り広げる人間模様も見どころのひとつ。最後に高橋は、「僕は、(『代償』を)愛の話だと思っています。人はどこまで人を愛することができるのか、愛とは一体何なのだろうと考えながら撮影に臨みました。視聴者の方々にも、ここで描かれる愛は本物なのか、と考えながら観ていただけたらと思います」とコメントした。(泉夏音)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon