古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

少女にわいせつメッセージの米元議員に実刑、ヒラリー氏側近の夫

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/26

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米ニューヨーク・マンハッタンの連邦裁判所は25日、15歳の少女に性的なメッセージなどを送る「セクスティング」を行った罪で、アンソニー・ウィーナー元下院議員(53)に禁固1年9月の判決を言い渡した。被告はヒラリー・クリントン氏の側近の夫で、この問題は2016年の大統領選キャンペーンを揺るがすスキャンダルにもなった。

ウィーナー被告は5月に罪状を認め、27カ月以下の禁固刑求刑に対し、上訴しないことに同意していた。

少女にわいせつメッセージの米元議員に実刑、ヒラリー氏側近の夫 © REUTERS 少女にわいせつメッセージの米元議員に実刑、ヒラリー氏側近の夫

被告は判決前に「私は長期間病気の状態にあったが、犯したことには責任がある」と述べた。

また、治療継続のために保護観察処分とすることを求めたが、判事は同様の犯行が他でも起きる事態を防ぐことが重要だとして、実刑が相当だとした。

被告は2011年まで12年にわたって下院議員を務めていたが、成人女性と性的メッセージを交換していたことが判明して辞任した。

弁護士は、被告は多数の女性と性的メッセージを交わしていたが、当時ノースカロライナ州の高校生だった15歳の少女以外、相手はすべて成人だったとしている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon