古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司『ブルハーツが聴こえる』出演者コメント

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/13 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 4月8日に公開されるオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』より、主演6名からのコメントが公開された。  1995年に解散したバンドTHE BLUE HEARTS。2015年の“結成30年”を機に、THE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」、「人にやさしく」、「ラブレター」、「少年の詩」、「情熱の薔薇」、「1001のバイオリン」を、飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日、6名の監督がオリジナルな解釈で映画化した。  『ハンマー(48億のブルース)』では、同棲中の彼の浮気現場を目撃し悩む一希役に尾野真千子、『人にやさしく』では宇宙船でサバイバルを繰り広げる謎の若い男を市原隼人が演じる。『ラブレター』では、初恋の女の子を救うべくタイムスリップする脚本家の大輔役に斎藤工、『少年の詩』では、戦隊ヒーローに憧れる息子思いのシングルマザー役に優香、『ジョウネツノバラ』では、最愛の女性を亡くして喪失感にとらわれる男を永瀬正敏が演じ、『1001のバイオリン』では、ふるさとを離れ東京での暮らしになじめない元福島原発の作業員・達也役を豊川悦司が演じた。そのほか、東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、要潤、山本舞香、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大などが各エピソードで脇を固めている。 ■『ハンマー(48億のブルース)』

出演:尾野真千子、角田晃広、萩原みのり、伊藤沙莉、吉沢悠、余貴美子/監督:飯塚健

・尾野真千子 コメント ハンマーのお話をいただいた時、歌が好きだった私は、ブルーハーツと聞いて、運命だ!と勝手にブルーハーツに運命を感じ、台本も読み切らないうちにやってみたいとお応えし、このお話で飯塚監督、何が起こるんだろう、台本からどんな風に飛び出すんだろうとドキドキワクワクしました。

やってみて共演者皆さんのコラボレーションが凄くて、ついていくのに必死の毎日でした。でもほんと楽しかったー。毎日変わっていく台本、飯塚節、炸裂です!それがまた面白かった。

出来上がりを観て不思議な感覚だったのですが、とても新鮮な感じがしたんです。

早くたくさんの人に見て欲しいです!

■『人にやさしく』

出演:市原隼人、高橋メアリージュン、浅利陽介、瀧内公美、加藤雅也、西村雅彦/監督:下山天

・市原隼人 コメント ブルーハーツは僕の青春でありバイブルです。この作品に参加出来た事を心から嬉しく思います。

今の生活や環境からかけ離れた未来の世界を感じながらの撮影は独特で貴重な時間を過ごさせて頂きました。

アクションもお楽しみ下さい。

■『ラブレター』

出演:斎藤工、要潤、山本舞香/監督:井口昇

・斎藤工 コメント 数年前、ブルーハーツと映画を愛する人間が集まって、好奇心や夢を乗せて汗水垂らして作り上げた作品が、こうやって時間をかけて公開に辿り着く事には意味があると思います。この世知辛い世の中、映画に問わず色々な事柄に困難や事情は付き物ですが、この『ブルーハーツが聴こえる』は映画を愛する皆様の差し伸べて下さった眼差しにより、本当の意味でこの春完成します。手前味噌でなく珠玉の作品群です。多くの汗が報われます。感謝の気持ちでいっぱいです。映画は”現場”だけで無い事、誰による誰の為のモノか改めて学ばせて頂きました。四月に劇場での再会を願っています。 ■『少年の詩』

出演:優香、内川蓮生、新井浩文/監督:清水崇

・優香 コメント 清水監督とまたご一緒出来ること、大好きなブルーハーツの曲を映画にした作品に参加できるということが嬉しくてたまりませんでした。

息子役の蓮生くんの真っすぐなまなざしに心が震えました。

こんなステキな時間を過ごせて幸せでした。

たくさんの方に観て頂けたらさらに幸せです。

■『ジョウネツノバラ』

出演:永瀬正敏、水原希子、藤崎ゆう/監督:工藤伸一

・永瀬正敏 コメント 難産でした、、、。

でも皆さんの応援のお陰で“6つの情熱”が公開される事になりました。

オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』

決して諦めなかった6人の監督・スタッフの皆さんに、THE BLUE HEARTSのメンバーの皆さんに、

そして、この作品を産んで頂いた沢山の皆さんに感謝しています。

一人でも多くの方々にこの作品が届きます様に。

■『1001のバイオリン』

出演:豊川悦司、小池栄子、三浦貴大、石井杏奈、荒木飛羽/監督:李相日

・豊川悦司 コメント 1000のバイオリンを聞きながら、福島第一原発を眺めていた。 防護服をまとって、スタッフ達が撮影の準備をしていた。 生き物の匂いのしない寒風に吹かれて、現実味のない事実の中で、僕と三浦君はシバイをした。 李監督は映画でしか出来ない映画を創っていた。 圧倒的な虚無を、希望の端くれで塗りつぶしていくような作業、 未だ福島の人々が強いられている作業、 ヒマラヤほどの消しゴムで、一思いに消すことができれば、どんなにか楽だろう。この小さな映画に託した僕らの思いが、誰かの何かに少しでも届くなら、 台無しにした昨日を少しでも帳消しにできるなら、 この映画を創った意味があるだろう。一人でも多くの目に触れることを願っています。 (リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon