古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

山崎賢人が鬼気迫る表情に 『ジョジョの奇妙な冒険』“この町、何かがおかしい”と思わせる特報

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/06 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 8月4日に公開される山崎賢人主演作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、特報映像とティザーポスタービジュアルが公開された。 動画はこちら  本作は、シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦による人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』を実写映画化したもの。平和に見える美しい海沿いの町・杜王町で、変死事件など次々と奇妙な出来事が起き始める模様を描く。  主人公・東方仗助役で山崎が出演するほか、キャストには、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介らが名を連ねる。メガホンを取ったのは、『無限の住人』の三池崇史監督。  このたび公開された特報映像は、本作のロケ地、スペイン・シッチェスの街並みから始まり、長く走る海岸線、生い茂る木々、白を基調とした壁と太陽の陽射しを思わせるオレンジ色の屋根が並ぶ家々など、“杜王町”の世界観を再現している。平和な空気が漂う風景から一変し、特徴的な学生服に身を包んだ仗助の目前で人が飛ぶ模様や、鬼気迫る表情の仗助、塗装の剥げた立入禁止看板、謎の矢、鉄扉の奥に広がる屋敷、“一家惨殺犯人の手掛かりゼロ”という見出しのスクラップ記事、“この町、何かがおかしい”という文字などが収められている。  一方のティザーポスターには、“その「力(スタンド)」を使う時が来た。”というキャッチコピーとともに、リーゼントで鋭い眼光を向ける仗助の姿が。見た目は不良だが、心根の優しい持ち主である仗助は、スタンドという特殊能力をもっており、触れるだけで他人のケガや壊れたものを直すことができる。なお、背景は“ダイヤモンド”をイメージしているとのこと。 ※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記 (リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon