古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

山田涼介『カインとアベル』視聴率苦戦中だが見応えアリ? 硬派な作風は配信で高評価の可能性も

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/10/24 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が初の月9主演を務めるドラマ『カインとアベル』(フジテレビ)が、かなり苦戦している。17日に放送された第一話の関東地区での平均視聴率は8.8%で、同枠の初回放送としては過去最低の記録となった。 参考:山田涼介『カインとアベル』で国民的アイドルとなるか  同作は、親の愛を巡る兄弟間の確執を描いた旧約聖書の「カインとアベル」をモチーフにしたドラマで、脚本を務めるのは『マルモのおきて』や『残念な夫。』などのホームドラマで手腕を発揮してきた阿相クミコ。山田涼介演じる弟・高田優と桐谷健太演じる兄・高田隆一が、高嶋政伸演じる父・高田貴行が率いる大手不動産会社「高田総合地所株式会社」を舞台に、複雑な人間模様を描き出す物語だ。  第一話は、「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーで、優と倉科カナ演じるヒロイン・矢作梓が出会うシーンから幕を開けた。優秀な兄・隆一と比べて、仕事がうまくいかない優の苦労が丁寧に描かれた回で、同時に、今後の波乱が予感される複雑な人間関係が提示された。新たなアウトレットモール建設に当たり、「高田総合地所株式会社」はコンペに勝利するため人気飲食店をテナントに入れることを画策するが、優が担当するイタリア料理店がどうしても説得できないという状況で、山田は自然な演技で若者らしい悩みを演じていた。しかし、隆一の恋人である矢作梓の協力を経たことで、結果的にイタリア料理店を誘致することに成功する。  旧約聖書の「カインとアベル」は、兄弟が神・ヤハウェにそれぞれ供物を捧げるものの、ヤハウェが弟・アベルの供物を選んだため、嫉妬にかられた兄・カインがアベルを殺害するという物語だ。「僕はアニキから、ぜんぶ奪ってしまうのかな。」とのキャッチコピーが示すように、おそらく今後ドラマが進展するに連れて、優は仕事面でも恋愛面でも優位になっていき、隆一と争うようになるのだろう。仕事ドラマとしても恋愛ドラマとしても、決して気軽に楽しめるライトな内容とはいえない。  硬派な作品となったことが、ドラマの低視聴率につながった部分は少なからずあるだろう。フジテレビの月9枠といえば、1991年の『東京ラブストーリー』や、同年の『101回目のプロポーズ』といったトレンディドラマで一世を風靡し、その後も『ロングバケーション』(96年)や『ラブジェネレーション』(97年)といった名作を世に送り出してきた。いまなおフジ月9=王道の恋愛ドラマといった印象を持つ視聴者も少なくないはずだ。そうした作品と比較すると、『カインとアベル』は恋愛要素が控えめである。  キャストにも一因はあるかもしれない。山田涼介は現在のジャニーズにおいて、若手としては圧倒的な人気を誇るメンバーのひとりであり、映画『暗殺教室』を大ヒットさせた実績も持っている。しかしながら、これまで月9で名を馳せたSMAPの木村拓哉や嵐の松本潤と比べると、まだ全世代的な人気を博すまでには至っていない。脇を固める桐谷健太や倉科カナも、実力派俳優として知られているものの、いささか渋すぎる印象だ。  ところで、これまで月9枠では恋愛ドラマ以外の名作もあった。たとえば、2001年に放送された『HERO』。木村拓哉と松たか子の『ラブジェネレーション』コンビによる型破りなミステリーは大反響を呼び、続編やスピンオフ、映画まで作られた。福山雅治主演のミステリー『ガリレオ』(07年)も、『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』として映画化され、高い評価を得た。両作はキャスト人気もさることながら、その完成度の高い脚本が多くのファンを掴んでいた。  今回の『カインとアベル』も、第一話を観たかぎりでは、決してドラマとしてクオリティの低いものではなかった。今年1〜3月に放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、視聴率こそ低かったものの、内容は高く評価され第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞している。『カインとアベル』もまた、視聴率が振るわずとも、ドラマとして高評価を得る可能性はあるだろう。  先日、総務省はテレビ番組をインターネットで同時に配信する「ネット同時配信」を、2019年にも全面解禁する方針を固めた。フジテレビに限らず、ドラマ全般の視聴率低下は若年層のテレビ離れに依るところが大きく、ネットでの見逃し配信などは好調であるとも伝えられている。『カインとアベル』が硬派な作風となったのは、視聴環境の変化を見越して、目先の話題作りにとらわれない質の高い作品を目指したためかもしれない。視聴者が好きな時間に楽しめるネット配信では、末長く鑑賞できる作品の方が結果的に有利だ。  連続ドラマの鉄則として、第一話の視聴率が低かった作品がその後に回復することは稀だ。今夜放送の第二話も苦戦が予想されるが、視聴率よりもドラマとしての完成度に期待したいところだ。(松下博夫)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon