古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

平野歩夢、覚悟胸に臨んだ舞台で「全力でやれたのかな、と素直に思う」

スポーツ報知 のロゴ スポーツ報知 2018/02/14 12:46 スポーツ報知/報知新聞社
銀メダルを獲得し、日の丸を背負って声援に応える平野歩夢 © スポーツ報知/報知新聞社 銀メダルを獲得し、日の丸を背負って声援に応える平野歩夢

 ◆平昌五輪第6日 スノーボード男子ハーフパイプ決勝(14日・フェニックス・スノーパーク)

 日本のエース平野歩夢(19)=木下グループ=が、2大会連続の銀メダルを獲得した。2回目に95・25点の高得点をマーク。金メダルを信じて待った。しかし、勝ったのはショーン・ホワイト(31)=米国=は、最後の最後に97・75点をたたき出す勝負強さ。2大会ぶり、3度目となる復活の金メダルを手にし、うれし泣きするホワイトを、平野は静かに見つめ、歩み寄って祝福した。互いに超ハイレベルな技を繰り出す、“史上最高難度”の戦いが終わった。

 平野歩夢の話「前回も銀で、上を目指すために4年間かけて練習してきたので、ちょっと悔しさも残っているが、自分が今できる範囲の中では、全力でやれたのかな、と素直に思う。楽しかったです。最後の3人、みんな争って、最後の順番もいい並びというか。今までイチの大会だったと思う。本当に、全ての人たちに、感謝しかない。終わってみて考えると…。その力が今回、この大会でも結果になったのかなと思う」

 平野は15歳だったソチ五輪では2位になり、日本選手で冬季五輪の最年少メダリストとなった。日本のスノーボードで初めて複数メダルを手にした選手にもなった。今季はW杯で2勝し、1月に最高峰のプロ大会「Xゲーム」で軸をずらしながら縦2回転、横4回転する「ダブルコーク1440」の連続技を世界で初めて試合で成功させ、99・00点で優勝。この日も、その“必殺技”を繰り出して、絶対王者の牙城に挑んだ。

 ソチから、順風満帆ではなかった。16~17年シーズン、未成年選手の飲酒や大麻使用が発覚して全日本スキ連盟はスノーボードの活動を休止した。疑いを向けられた平野は傷ついた。「自分まで関係あるかのように見られ、すごく悔しかった」。17年3月の試合中に左膝と腹部を負傷し、3か月離脱。「けがの位置が数センチずれていたら命を落とす恐れさえあった。「頭にヘルメット一つ。いつ死ぬかもしれない」。そこを乗り越えた末に、19歳とは思えない冷静沈着さを身にまとっていた。

 競技に向かうときは、5、6個もお守りをウェアに忍ばせるという。自分で手に入れたものもあれば、家族からもらったものもある。ソチでは1個しか持っていなかったのが、だんだんと増えた。「移動で飛び回ったり、海外に行くたびにいつどうなってもおかしくない生活をしている。日常的に(周りの支えを)思い出しながらやっている」。覚悟を胸に臨んだ舞台で、天才ライダーは、金に匹敵する輝きを放った。

スポーツ報知の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon